6/16シンクロメモ! #008

うっす! みんな! 


ちょっと 意味深 な シンクロ が 起きたんで

ここに 書いて おこう


『 MEMENTO メメント 』 と いう 映画 が

気になった ので 観てみた


ちなみに 『 Memento 』 と いうのは 

「 過去 の 記憶 を 思い出させる もの 」

と いう 意味


で この 映画 は ものすごく 

特徴 の ある 映画 で


一番 最初 に ストーリー の

結末 が 映される 


そして そこへ たどり着く までの ストーリー が

なんとも 時間軸 を 逆 に たどっていく 展開


と いう とても 複雑 な 映画 だった


つまり 普通 は チャプター 1 から 2 そして 3

と 順番 に 話 が 展開 されるのだが


この 映画 は 一番 最後 の チャプター から

逆 に 13 そして 12 つぎに 11 と


逆から 観ていくと 話 が つながる わけである


しかも 間 に 回想シーン も 多く 

挟まれていて とても 複雑 だった


しかし だんだん と 時間 を 遡り

謎 が 解け 意外 な 事実 が 観えて来る ので


作品 と しては なかなか おもしろかった


俺 は しっかり 内容 を 理解 したかったので

一旦 普通 に 観てから


今度 は 最後 の チャプター から 逆から

もう一度 並べなおして 観てみた


すると やはり しっかり 内容 が 理解 でき

なかなか よく出来ている な、、、 と 感じた


チャプター を 逆 から 順番 に ならべたり

回想シーン を はずしたり して


理解 しやすい 順番 に

並べ替えて もう一度 観た わけである


あれ? なんか そんな 話 最近 聞いたな?


と お思いの 人 も いるかも
 

そう である 


この ブログ の 昨日 の 記事

6/15 あちらの世界からの夢通信! #007

この 記事 で 書いたが 俺 は 昨日


ばらばら に なっている 紙芝居 の 絵

を 順番 に 並べ替えて 理解 できる

話 に する と いう 夢 を みていた のだ


なんと!


俺 は 昨日 俺 が みた 夢 と 

まったく 同じ こと を 

今日 この 映画 で やっていた のだ


昨日 夢 の 世界 で やったことを

今日 現実 の 世界 でも やっていた


なかなか おもしろい シンクロ が

起こった ものだな、、、 と おもった


昨日 の 今日 で こんな シンクロ が

マジで 起こる とは 思ってもいなかった


しかし やはり これは


今 俺 の あたま の なか ばらばら に ある

ストーリー を 並び替えて ひとつ の 話 に

まとめてみなさい と いう メッセージ だろう


しかし 


ちょっと それはには 俺 は 

なかなか ノリ気 に なれない


それを するには かなり の 時間 が かかる

さすが に ちょっと それは いやだ
 

それに それは ちょっと かなり めんどう な

作業 に なるだろうから


どうにも めんどくさくて 気がのらん


しかし これだけ ハッキリ した シンクロ

通常 は シンクロ に したがうのだが 


さて どうしようかねえ、、、 

と いった 感じ である


ちょっと ウラ話 的 なので

また 展開 が あれば こちらの ブログ 

限定記事 で 書いていこう 



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2013-06-16 23:31 | シンクロ二シティ・偶然の一致 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kdiary007.exblog.jp/tb/19836671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-06-17 11:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-06-20 02:39 x
Re:子犬
おおっ!おぬしもやはりそのプロセスを通過したか!
多分そうなんだろうなと思っていたぜ!
俺もだいぶ前だが通過したぜ!やさしいねえ!
気づかいセンキュな!
ベイベ!

<< 6/17守護霊からのメッセージ... 6/15 あちらの世界からの夢... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE