カテゴリ:芸術・アート( 26 )

 

名古屋4 おみやげ&おやつ編 #288

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 名古屋 パート4 いってみよう

今回 は おみやげ&おやつ編 である


美術館 での 恒例 となった

気に入った 絵画 の ポストカード 選び である


今回 選んだ ポストカード この 3枚


f0287177_2242298.jpg












『 オリーブ畑 』 ゴッホ 1889年


これ は 前々回 の 記事 で 書いた ように

長年 の 再会 の 絵画 なので 選んだ


f0287177_2244552.jpg












『 収穫 』 ゴッホ 1888年


これは 1枚 遠景 の 絵 が ほしかった ので 選んだ

この 絵 は ゴッホ 自身 も 気に入っていた とか


f0287177_22465344.jpg













『 靴 』 ゴッホ 1886年

この 作品 は スゴかった


ゴッホ の 絵 全般 に 言える こと だが


この 『 靴 』 と いう 作品 も


近くで 観ると かなり 

大胆 な タッチ で 描かれている


しかし それ を ある程度 遠くから

距離 を おいて 眺めて 観ると


ピシっと ピント が ばっちり 合って

とても リアル な 絵 に なるのだ


それが この 作品 は とくに

スゴかった ので この ハガキ を 選んだ


やはり ポストカード 選び は 楽しい


そして 


美術館 の 後 は と言うと

恒例 の ティータイム である


今回 は 写真 を 撮り 忘れた ので

こちら は ↓ イメージ である


f0287177_23315679.jpg










今回 は 午前 が 銀魂展

午後 が ゴッホ・ゴーギャン展 で


かなり 長時間 歩き まわった ので 

この ティータイム は かなり ホッと した


やはり 優雅 な ひととき と なった


今回 は 銀魂展 と ゴッホ・ゴーギャン展

といった スケジュール だった わけ だが


おれ の 場合 は 没頭 しはじめると

時間 が ほとんど なくなって しまうので


4月 からは いそがしく なるので


やはり 行ける とき に

行って おいて よかった かなと 思う



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-03-24 13:26 | 芸術・アート | Trackback | Comments(2)

名古屋3 ゴッホ・ゴーギャン編 #286

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 名古屋 パート3

今回 は ゴッホ・ゴーギャン編 いってみよう


午前中 から 銀魂展 に 行った のだが

じつは この日


午後 から は ゴッホとゴーギャン展 へ 行った

場所 は 愛知県美術館 である


f0287177_1922486.jpg










いくら いそがしく なる 前 に

行ける とき に 行っておこう にしても


これは やり過ぎ か? とも 思ったが

一日 に 2つの 展覧会 に 行くのは 


初めて だから おもしろそう

と 思い 実行 してみた


場所 も 同じ 名古屋 の 栄 で

歩いていける ほど 近く だった


じつは この ゴッホ の 絵 を 観る のが

おれ は とても 楽しみ だった


それは おれ が まだ 学生時代 に

ゴッホ の 作品 を 観ている のだが


今 大人 に なって から 観る と

どう 感じる のかなと そこ が 気になった


で 少し わくわく しながら 行ってみると


あった!


f0287177_2125039.jpg












『 オリーブ畑 』 1889年


この 絵 は 学生時代 にも 観た


で 一体 どう 感じたのかっ?


まず 一番 真っ先 に 感じた のは

なつかし~~


って・・・


いや そういう こと じゃ なかったんだけどな!


その 作品 を 観て 自分 の 感性 が

どう 感じる のか を 知りたかった のだが


なつかし~~


って のが 真っ先 に 来てしまった

ある 意味 予想外 の 結果 と なった!


しかしながら 絵 と 再会 する といった

こういう 感覚 も あるのだな と 判った


あと 今回 観て 感じた こと は


これぞ ゴッホ これぞ ゴーギャン 

みたいな 絵 が ある わけ だが


たとえば これぞ ゴッホ!


f0287177_22944.jpg















『 糸杉 』 1989年


これぞ ゴーギャン


f0287177_2295464.jpg













『 タヒチの3人 』 1899年


と いった こういう 作品 ってのは

いずれも 晩期 の 作品 であり


やはり こういう これぞ といった

個性 という もの は


長年 かけけて やっと 到達 する 域 の

もの なの だろうな と 感じた



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-03-22 07:00 | 芸術・アート | Trackback | Comments(2)

名古屋2 銀魂展 物販編 #285

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 名古屋 パート2

今回 は 物販編 いってみよう


まず 銀魂展 に 行くと 日替わり で 

登場人物たち の 名刺 が もらえる


この日 配られていた 名刺 は

こちら ↓ の 名刺 だった


f0287177_17431092.jpg













これは 志村新八 の 名刺 これ を もらった

新八 とは ↓ こちら


f0287177_17533066.jpg















この マンガ の 主要メンバー では あるが


主に ツッコミ 担当 で 

いつも 地味~ な 感じ として 扱われる


その びみょ~~な 立ち位置 が

おれ は とても すき なので


新八 の 名刺 って 考えた だけでも

おもしろさ が 込み上げてくる


しかも マッキー とか の フツー の 油性ペン 

で 書かれた 感じ が また 素晴らしい!


これは イイ もの を もらえた と 思った


この 貴重 な 新八 の 名刺 は


おれ の 仕事用 名刺ホルダー に

フツー に しのばせて おこう



この日 に 行って 大正解 だった


原画 の 展示 を 観た あと の

楽しみ と いえば やはり 物販コーナー


そこで 記念 に なるものを

探す のが また 楽しい


あまり モノ は 購入しない のだが


これぞ という 言う モノ とか おかしな モノ 

を 見つけたら 購入 する こと に している


おかしな モノ とは こちら → そしな #131


で 今回 も 何か 

ピン と くる もの は ないだろうか


と 観て 回っていたら なんと!


とんでも ない モノ が 販売 されていた!


これ は 俺的 には


おおおおおっ! マジかああ!


と 驚いた モノ だったのだが


それ は 複製原稿 である


これは マジ で 貴重 で マジで スゴイ!


是非 クリック 拡大 して 観ていただきたい

それが ↓ こちら


f0287177_1741527.jpg

















f0287177_17413285.jpg

















f0287177_1742027.jpg
















( クリック 拡大 )


これは スゴイ 画力 迫力 細かさ!


正直 ずっと 眺めて いても 

飽きる こと は ない くらい である


入稿時 の ジャンプ の 印 が 押されていたり

セリフ が 別紙 で 貼り付け が 確認 できたり

ホワイト 修正 の 跡 が 確認 できたり

ベタ 黒塗り の 筆跡 が 観えたり


その他 細かい ところ まで きっちり

いろいろ と 観える と 言った


生原稿 そっくり の 複製原稿 である!


サイズ は 少し 縮小 されているが

これには 正直 おどろいた


これ を 観ると 作者 の 空知氏 や 

アシスタント氏 の 手の内 や テクニック が 観れる 


これを 販売 してしまう ということは

ものすごい こと なのである


これは スゲ~~~!

やべ~~! やべ~~!



と 1人 で 興奮 してしまった!


ただ 売り場 で これ に 反応 して

興奮 している は おれ だけ だった


ははは


しかし マンガ原稿 を 


実際 に 描いた こと が ある 人 が これ が 

1枚 1000円 で 販売 されている のを みたら


おれ と 同じ ように 焦りまくる はず


正直 ちょっと これ は 

おれ の 宝物レベル である


いや ホント ちょっと これ は

マジ で スゴイ ぞ やべえええ~~


ちょっと これは マジ で うれしいぜええ!


この 複製原稿 を 眺める たび に またまた

感動 と しあわせ を 感じて しまう おれ であった!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-03-21 07:00 | 芸術・アート | Trackback | Comments(2)

名古屋1 銀魂編 #284

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


3連休 の 初日 は じつは

名古屋 へ 行って いた


4月 から 今度 は さらに 本格的 に 

執筆 が 始まり いそがしく なる ので


行ける とき に 行こう と 思った


で 友人 から なんと 銀魂展 の 招待券 を 

いただいた ので 行って きた


と 言った わけ で 名古屋編 パート1

ちょっと 東京編 と 並行 してしまうが 書いていこう


銀魂展 入口 は ↓ こんな かんじ


f0287177_1201251.jpg











f0287177_122728.jpg










こんな ↓ の が あった


f0287177_1264786.jpg










今回 は 展示 の 撮影 は 

この 入口 まで しか 出来なかった が


この 先 の 展示 では


銀魂 の 実際 の 原稿 つまり 原画 が

かなり たくさん 展示 されていた


やはり おれ と しては 原画 が 観たい ので

これは とても うれしかった


すげーーー! と 観入って しまっていた


銀魂 の 原画 は じつは 東京 に いた 頃


ジャンプ フェスタ で

8年 くらい 前 にも 観た こと が あったが


その とき の 感想 は ぶっちゃけ

銀魂 は 話 は とても 面白い のだが


展示 されていた 原稿 は

他 の 作家氏たち の 原稿 と 比べて しまうと


おれ は 銀魂 は かなり すき なのだが


どうしても どことなく きたない 原稿 だな

と いった 印象 を 受けてしまった


その 時 の ジャンプフェスタ では


BLEACH の 久保帯人 氏 と

家庭教師ヒットマン リボーン の 天野明氏


の 原画 が 飛び抜けて すごかった 


実際 他 の 作家 の 原稿 は 


印刷 に 出ない ところ の よごれた ところも

丁寧 に 修正 して あった のだが


銀魂 の 作者 の 空知英秋 氏 の 原稿 は

印刷 に 出ない とこ は 修正 されていなく


ああ 原稿 にも 性格 が 現れる のだな


と 感じた


今回 の 展示 でも


まだまだ 消しゴム の 消し方 が

きたなかったり した ところ が あり


「 え! この 消し方 で 印刷 に 

  出ない のか? 大丈夫 なのか? 」



と ちょっと 驚いたり も した


しかし


前回 観た とき から さらに 8年間 以上 も

マンガ を 描きつづけた 重みが あり


今回 の 展示 では

画力 も 迫力 も スゴイ! 

こと に なっていた


やはり プロ は すげー なあ と

かなり そーとー 圧倒 された 凄かった


今回 は 原画 の スゴさ だけ では なく


やはり 1つ の こと を 継続して

積み重ねる こと は 大切 だなと



そこ にも 感動 した


プロレベル の 技術 を 身に付ける 

こと は 本当 に たいへん なのだな


しかし 本当 に 素晴らしい 世界 だな と 感じた


これは マジで 行って よかったぜ


銀魂展 は 今月 28日 まで 

名古屋 丸栄8階 で 行われています

http://tv-aichi.co.jp/daigintamaten/



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-03-20 13:16 | 芸術・アート | Trackback | Comments(3)

美術館5 絵はがき編 #274

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 美術館 パート5 いってみよう!


今回 は ユトリロ 絵はがき編 である


美術館 へ 行った とき の

楽しみ の 1つ に


観て きた 絵画 の 絵はがき を 

購入 する と いった こと が ある


今回 おれ も 厳選 2枚 の

絵はがき を 購入 してきた


どれが イイ かな?


と 絵はがき を 2枚 選ぶ こと で


自分 が どの 絵 が 気に入り

どの 絵 が 印象的 だったのか


が 再確認 できる 


おれ が 選んだ のが まず は こちら


f0287177_9473213.jpg

















これ は 唯一 あった 花 の 絵

実物 は かなり 鮮やか な 絵 だった


この 絵 は 素晴らしかった


まるで そこに 実物 の 花 が 

ある かの ように その 絵 から


見事 な 生命力 が 放たれていた



ああ これは すごいな と 感じた


絵 の 解説 を 読むと


なんでも ユトリロ が 好き な 女性 

の 為 に 描いて 贈った 絵 との こと


「 ああ なるほどお 好きな 女性 の 

  為 に 気合い を 入れて 描いた のか 」


その 気持ち は わかるなあ


そりゃ これだけ の 絵 が 

描けて しまう はず だ とか 思った


そして もう 1枚 が ↓ こちら


f0287177_9565192.jpg














こちら は なんとなく 気に入った

構図 というか 建物 が なんとなく


この 2枚 の 絵はがき を 選んだ


そして 絵はがき の イイ ところ は


季節 や 気分 に 合わせて

額 に 入れて 部屋 に 飾れる
 


と いう ところ である


これが また 楽しい


おれ の 部屋 にも いま 

気に入っている 絵はがき が


3枚 ほど 額 に 入れて 飾ってある


と いった 感じ で

久しぶり の 美術館 だった が


いろいろ と 楽しく

なかなか イイ 時間 を 過ごせた


今年 は なるべく 時間 を 作って

芸術鑑賞 を して いきたい と 思った




それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-23 10:11 | 芸術・アート | Trackback | Comments(6)

美術館4 鑑賞編 #273

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 美術館 パート4 いってみよう!


今回 は ユトリロ 鑑賞編 である


こちら →  美術館2 予習編! #271  の 記事 で


実物 の 絵画 と 印刷 の 写真 だと

色合い が 変わって しまう


こと に ついて 少し 書いた が


実際 どの くらい ちがう かを 美術館 で 

お手軽 に 比べる 方法 が ある


それ は チラシ が ある 場合 は


チラシ と 観くらべて みる と おもしろい


今回 の ユトリロ回顧展 でも

この ↓ ような チラシ が あり


f0287177_1825423.jpg




















そこで 展示 されている 作品 が 

いつくか 載っている


おれ も 今回 この チラシ を 持って

美術館 に 入館 した のだが


実物 の 絵画 の 前 で 

この チラシ の 印刷 と 観くらべて みた


こうする こと で 実物 の 絵画 と

印刷 された もの との ちがい が ハッキリ わかる


色合い だけ でなく

印象 や 雰囲気 まで ちがっている


美術館 へ 行った とき には

このような 体験 を してみる のも おすすめ である


あと 絵画 の 鑑賞 の 仕方 と しては


専門家 や 他者 の 感想 は 


その人 の 目 には そう 写った の だな


と いう こと であり

芸術鑑賞 に 関して は


自分 が 感じた とおり で いい


と 思う


そして その 自分 の 感じ方 に

自分 というもの が 現れている のだと 思う


ユトリロ の 人生 に ついて も 

いろいろ と 調べて みた わけ だが


おれ的 には ユトリロ の 作品 から


やさしさ や あたたかみ を 感じた


だから これだけ 多く の 人々 が

この 絵 を 観に 来る のだろう


結局 ユトリロ は モンマルトル の 街 が

大すき だったんじゃね? とか 思った


まあ すき じゃなかったら こんなに たくさん

情熱的 に モンマルトル を 描けない だろう


いろいろ 考えて みた ところ

結局 おれ には そう 感じた


この ように あれこれ 感じる 体験

って のは とても イイ こと だな



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-22 08:23 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

美術館3 感想編! #272

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 美術館 パート3 いってみよう!


今回 は ユトリロ の 作品 の 感想 である


ユトリロ の 作品 を 観て

一番 印象的 だったのは 


観ていて 何か ひっかかる感


だった


f0287177_8383628.jpg














観ている と どこか ひっかかる


「 れ? なんだろう? この 感じ 」


で おれ は 何に ひっかかっている のかと

考えながら 絵 を 観ていたら


ひとつ 気づいた こと が あった


ユトリロ の 作品 は 建物 が 

イイ 感じ で 歪んで いる 


その 歪み が 観た とき に

どこか ひっかかる 感覚 を 引き起こす


この 歪み は 何だろうか


ユトリロ の 眼鏡 の レンズ 越し に

観た 歪み なのか


ねらって 歪ませて いる のか


とにかく その 歪み が 建物 に


迫力 と 独特 の 存在感 


を 与えている


上 ↑ の 作品 も そうである

どこか びみょう に 歪んでいる


そして そこ に ひっかかり や 存在感 が でる


そして


こちら ↓ の 作品 を 観ると


f0287177_994730.jpg






















これ も かなり 歪んでいる


やはり この 歪み が 独特 の 存在感 を


ものすごく 感じ させている


もし これ を 定規 で 引いた 様 に


きっちり 描いて しまうと

独特 の 存在感 は 失われる


観ていて ひっかかり の ない

つまらない 絵 に なる かも 知れない


しかし これ を テキトー に 歪ませると

それは それで ただ の おかしな 絵 に なる


ところが この びみょ~な バランス で

歪み を 加えると 独特 の 存在感 と なる


ああ これ は おもしろいな


と 感じた


おれ は この 人 の 心 に ひっかかる

って こと が とても 大切 だと 思う


とても いい 勉強 に なった


絵 を 観る こと は とても 楽しく


やはり おれ は 芸術鑑賞 は 

かなり すき だな と 再確認 も できた



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-21 09:23 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

美術館2 予習編! #271

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 美術館 パート2 いってみよう!


美術館 へ 行く とき には 

その 画家 や 作品 に 関して


ちょっと 予習 して いくと

より 展覧会 を 楽しむ こと が できる


おれ は 絵 が すき で

世界美術全集 という のを 持っていて 


その なか に ユトリロ も あった ので


その 本 を パラパラ めくり

ちょっと ユトリロ について 予習 してみた


ユトリロ の パリ の モンマルトル に 生まれ

主に パリ の 街 の 風景 を 描いている


ユトリロ は 『 白の時代 』 と 言われているが

白 を 基調 とした 絵 を たくさん 描いている


f0287177_923990.jpg




















絵 を 描く きっかけ と なった のは


ホスピタル で 心 の 健康 の 為 に

絵 を 描いて みたら と 言われた こと 


へええ~ それで 画家 と なった のか!


しかも 名画 を 残す 画家 に なるとは

と おどろいた


人生 何 が きっかけ に なるか

わからない もの だな と 思った


この 美術書 にも 作品 が 幾つか 載っていた が

やはり 印刷 だと 色合い が 変わって しまう ので


本物 とは 別モノ である


その 印象 の ちがい など を

美術館 へ 観に 行く のも 面白い


こんな 感じ で


美術書 や 画集 とか


最近 では ネット でも ちょっと 調べると

いろいろ な 情報 が 書かれている ので


ほんの ちょっと 予習 して から

美術館 へ 行く と 


より 展覧会 を 楽しめる 


おすすめ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-20 09:47 | 芸術・アート | Trackback | Comments(3)

ユトリロ #270

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


昨日 は 名古屋 の 松坂屋 美術館 へ

『 ユトリロ回顧展 』 へ 行って来た

f0287177_10494361.png












あっ! まちがえた!

これは パタリロ かっ!



いかん いかん こっち ↓ である


f0287177_1052690.jpg






















友人 が 職場 で 招待券 を いただいたので

どう? と おれ に 声 を 掛けて くれた のである


これは とても ありがたかった


今年 1月 この 記事 で → 新年会 #252

美術館 シンクロ も あり


今年 は いろいろ と 芸術鑑賞 を

しようと ちょうど 思っていた ところ だった


おれ は 絵画 や 芸術全般 が すき なので

以前 は ときどき 美術館 へ 行っていた が


かなり 久しぶり の 美術館 だった


で 行って 観て 感じた こと は 


やはり 本物 は イイ


作品 には 確実 に

魂 が 込められて いて


それが 作品 から 伝わって くる


この エネルギー と いうか 熱量 と いうか

これ を 感じる 場所 が 美術館 だなと


ユトリロ は あまり 馴染み が なかったが

実際 に 観る と やはり 素晴らしかった



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-19 13:51 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

2017京都の旅5 芸術編! #262

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


では 京都編 パート5 いってみよう!


天野明展 で 京都 へ 行った わけ だが

この 展覧会 は 京都造形芸術大学 で 行われた


いわゆる 芸大 である


以前 おれ の 友人 が


社会人 に なってから 仕事 を しながら


感性 を 磨く ため 仕事 に 活かす ため に

通信 で 芸大 に 入学 した


おれ も 芸術 が すき なので 


友人 から 授業 や キャンパス の 雰囲気 の 話 を 聴いて


「 面白そう な ところ だな

  おれ も 一度 行って みたい 」



と じつは ずっと 思っていた


そして 今回 はじめて おれ は 芸大 という 

地 に 足 を 踏み入れる こと が 出来た


そしたら


ものすごく イイ 雰囲気 だった!


原画展 を 観た 後 少し 休憩 しようと 思い

学内 の カフェ に 入った のだが


そこでは 学生さん たち が なんと!


みんな 何かしら 芸術 の 勉強 や

思い 思い の 創作活動 を している のだ


なんか 素晴らしい 空間 だな

別 の 惑星 の 大学 

に 来た ように 思えた


学内 には いろいろ な 造形物 映像作品 

絵画 などが いたるところ に 展示 され


カフェ では 学生さん たち が ノートパソコン で


動画編集 や デザイン や 小説 を 書いている


そして 海外 から 学び に 来ている 方 も 多く

インターナショナル な 雰囲気 まで あった


ちょっと 衝撃 を 受けた


「 ああ 友人 が 話して いた のは

  こういう 雰囲気 の こと だったのか 」



と 何年 も 昔 に 聴いた 話 が

おれ の 今回 の 体験 と やっと 繋がった


やはり


実際 に 自分 が 来て 観て

体感 しないと 判らない もの だな



と 感じた


おれ は 英語 が すき だった ので

英語 の 学校 へ 進んだ のだが


人生 には こういう 選択肢 も

あった のだな と 感じた


『 京都造形芸術大学 通信教育学部 』
http://www.kyoto-art.ac.jp/t/


年間 17万円 の 通信 とかも あるらしい

ちょっと おれ も 興味 を 持って しまった


思わぬ きっかけ で 芸大 の キャンパス

に 入構 する こと が できた わけ だが


いろいろ と 刺激 に なり 

とても 良い 経験 が 出来た


これ も 今回 の 京都 の 旅 として

かなり 大きな 収穫 の 1つ だった


おれ も 創作活動 を がんばろう

と 気合 が 入った


じつは この 芸大 で 刺激 を 受けた 体験 は 

俺的 には かなり 大きな シンクロ なのだが


昨年末 から 今年 は おれ は

創作活動 を いろいろ しようと 思い


この ↓ ブログ にも その ように 書いていた

今年の漢字 #242


その 気持ち を 後押し して

くれる ような シンクロ だった


やはり 行動 すると シンクロ が 起こり いろいろ と 


パズル の ピース が 揃って くる


シンクロ は ありがたい

守護者 よ マジ センキュ!


うおおお! がんばるぜっ!



お近く に お住まい の 方 は

芸大 に 入構 出来る チャンス でも あるので


今月 12日 まで の 天野明展 と 

あわせて 行ってみる のも イイ かも!


かなり おすすめ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-06 09:00 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE