カテゴリ:Rock( 9 )

 

東京で! #280

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


3月 1日 に 東京 へ 行った とき

打ち合わせ が 終わった のが 


なんと!


ほぼ 0時! だった!


いろいろな 深い 話 が 出来て

とても 楽しい 時間 だった


で 宿 は 取って なかった ので

どこかで 泊まろう と 思った が


考えなくては ならない こと が

たくさん あった ので 


どうせ 眠れない だろう と 思いつつ

宿 を 探していると 目 の 前 に


『 カラオケ館 』 という 宿


が あった


って おい!


それ 宿 じゃねーから!


0時 から 朝 5時 まで の 宿泊 決定!


で 考え事 しながら 少し 眠った が 


この日 なぜか


カラオケ 全国ランキング


が やたら 気になった


そこで 深夜 から いきなり

カラオケ 全国ランキング に 挑戦 してみた


歌 は いつも 通り ほぼ 全曲  B'z


試しに 歌って みるか

くらいに 歌って みた ところ


全国 で 1位 2位 3位 くらいに

歌う曲 が ランクイン してしまい


これで 気 を 良くした おれ は

ちょーし に 乗って そこから


なんと!


1人 で 時間 いっぱい 


朝 5時 まで ぶっ通し で 

歌い 続けて しまったああ!



って 学生 かよ!


いやいや 元気 すぎる 大人 です

自分 でも んなこと よくやるなあ~ と


一体 おれ は 東京 で

何 を やって いるの だろう?


とか 思った が 楽しかった

ははは


そして その後 東京駅 へ 向かい

始発 の 新幹線 で 帰った とさ


めでたし めでたし



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-03-09 17:06 | Rock | Trackback | Comments(7)

タイミング #269

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


ちょうど の タイミング だった


何 が ちょうど の タイミング

だった かと 言うと


近々 名古屋 へ 行く 予定 が ある のだが

それ に 関する 出来事 が 起こった


それは


ギター の ストラップ を つける ところに

このような ↓ ピン が ついている のだが


f0287177_23122495.jpg









これ を おれ は 金色 の より しっかり と した 

このような ↓ パーツ に 交換 している


f0287177_23151243.jpg









これ だと ストラップ が より しっかりと つけれる


しかし なんと! 


今日 この ピン が 取れて しまった!


つまり これは 修理 が 必要 である


しかし この タイミング で 取れて くれて


マジ で よかった!


地元 の 楽器屋 に 修理 に だすと

だいたい 2週間くらい かかる ので


その 間 ギター を 弾くことが できない


しかし 名古屋 の 楽器屋 に 持っていくと

その日 の うち に 直して くれる ので


なんと! その日 から 練習 が 出来る!


昨日 名古屋 行き が 決まった のだが

それで 今日 この ピン が とれた わけ


『 また 絶妙 な タイミング で

  ピン が 取れて くれたな~~  』



と 


いずれ は 取れる もの ならば


正直 この タイミング は ありがたい


もしも 名古屋 から 帰って来て から

ピン が とれてしまったら


また すぐ に もう 一度

名古屋 へ 行かなくては ならなかった


しかし この タイミング ならば

名古屋 へ 行く のが 一回 で 済む!


マジ で たすかった!


一度 しっかり 直して もらえば 安心 なので


この 機会 に しっかり と 

直して もらおう かと 


それにしても こういう タイミング の 良さ は


本当 に ありがたい

マジ センキュ である!



名古屋 まで の 移動時間 を 考える と

正直 時間的 にも かなり たすかる



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2017-02-16 00:18 | Rock | Trackback | Comments(5)

再結成 #224

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


いや~ たまたま 本屋 へ 行ったら

見つけて しまった うれしい ニュース


なんと!


DOKKEN 再結成!


DOKKEN ドッケン とは

おれ の 好きな メタル・バンド である


f0287177_198316.jpg










しかも オリジナル・メンバーで 再結成 とのこと


普段 は あまり 音楽雑誌 は 観ない のだが

たまたま なんとなく 手に取り 広げたら


DOKKEN 再結成!


の 文字 が 飛び込んできた


f0287177_1923029.jpg
『 BURRN! (バーン) 2016年 10月号 』 詳細








音楽雑誌 自体 手にとるのも 久しぶり だな~ 

などと 思いつつ 観ている と


23ページ に わたり ドッケン特集!


で 思わず 何年ぶりだろうか

音楽雑誌 を 購入して しまった!


ドッケン の 曲 は カッコイイ

たとえば ↓ この 曲


『 IN MY DREAMS  DOKKEN 』


ヴォーカル の ドン・ドッケン も さることながら

ギター の ジョージ・リンチ が スゴイ!


2:07 からの ギター・ソロ は カッコ 良過ぎ!


https://youtu.be/VvyBiHGr2b8


この 曲 が 入った アルバム は こちら

f0287177_1937285.jpg
『 Under Lock & Key (remastered) 』 詳細








ポップ で 聴きやすい アルバム

名曲 ぞろい の 名盤 である


ちょっと へヴィ な 曲調 ならば こちら

f0287177_1944375.jpg
『 Back for the Attack 』 詳細








この ↑ アルバム は おそらく おれ が

学生時代 に 一番 よく 聴いた アルバム


DOKKEN の 最高傑作!



ジョージ・リンチ の ギターが スゴ過ぎる!


メタル や ハードロック に 興味 の 

ある 方 は ぜひ 聴いてみて いただきたい!


今年 10月 には 

大阪 福岡 埼玉 広島 名古屋 東京 で


DOKKEN JAPAN TOUR 2016 


も 行われる との こと


行っちゃおう かなあ~


やっぱ DOKKEN だけは

行っちゃおう かなあ~




それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2016-09-08 07:00 | Rock | Trackback | Comments(12)

らいぶ #179

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今年 は 路上ライブ を しよう

と 目標 を 立てて いた わけ だが


いそがしくて なかなか 準備 が 

進まなかった わけ だが


じつは 先日 突如 実行 してきた


f0287177_18402795.jpg









例 の この ↑ アンプ でな


東京 に いた とき は 

たま に 路上ライブ も やっていたが


今回 は かなり 久しぶり の 路上 だった


で 結果 


今回 は この アンプ で オケ を 流して

ひとり で ギター を 弾いた わけ だが


やはり やってみて わかる 感覚 ってのが ある


何 を 感じたか と いうと

やはり バンド を やりたい


と 感じた


じつは 今日 も 


ドラム の 友人 と スタジオ に 入り 

メタル の ギター を 弾いてきた のだが


やはり オケ では なく

人 と 合わせる 方 が おもしろい!


ま 当たり前 の こと なのだがな


来年 あたり は 時間的 な 余裕 が あれば


コピーバンド でも なんでも イイ ので

バンド復帰 でも しようかな


とか ちょっと 考えている


なんか 来年 は いやな 予感 が していて


しゅごれい の やつ が 何 か 言って きそうで

今年 よりも いそがしく なりそう なのだが、、、

ははは


ともあれ 


今年 の 目標 は 達成 したので よかったな 


外で 演奏 するってのも 

なかなか 気持ち イイ こと なので

また どこか で やる かも


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-11-20 19:23 | Rock | Trackback | Comments(23)

すたじお #177

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


先日 ひさ~~~~~しぶり に

音楽練習スタジオ に 入った


バンド とか 練習 する 

こんな ↓ 感じ の ところ 

f0287177_23232197.jpg









( 写真 は イメージ です )


おれ は 学生時代 B'z の コピーバンド で 

ボーカル を やっていた のだが 


そのとき の ドラム の つれ と

スタジオ に 入った


ドラム と ボーカル で スタジオ って

のは かなり むぼう である



なので おれ が ドラム 以外 の 楽器 の

パート を PC で オケ を 作って 


それ を 流しながら ドラム と ボーカル で

合わせて 演奏 してみた


そしたら 


意外 と おもしろかった!


スタジオ で 誰かと 合わせる のは

マジ で ひさしぶり だったのだが


スタジオ には 鏡 が あり

歌っている 自分 が そこ に 映っていた


それ を みて なんとなく


ああ やっぱ おれ の 居場所 は ここ だぜ!


とか 感じた


なんか 自分 に とって 


しっくりくる 場所


って 本当 大切 だな と 感じた


この ドラム の つれ とは 気分転換 に

今後 も 時々 スタジオ に 入ろう


と いうこと に なった

この 先 どうなる だろうね

ははは


もっと 自分 に とって しっくり くる もの

を ふやして いきたいな と 感じた



と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-11-07 23:59 | Rock | Trackback | Comments(8)

ついに出会った!! #135

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


いや~ 春 だぜ!

ついに 春 が やってきたぜ!





『 気になることを やってみた 』


を 今週 も 全力 で やっている のだが


かなり 全力 で 行動 を 起こしたので 

多すぎて ここに 書ききれない 感じ に なっている


なので 今回 は そのうち の ひとつ を 書こう


なんとなく ピアノ で 作曲 を 

ちょっと づつ はじめている 


俺 は 音楽知識 は あまり ない ので 

いつも 適当 に 弾いて 感覚 だけで 曲 を 作る


一応 独学 で 楽譜 も 書ける の だが


基本的 に ハ長調 でしか 楽譜 が 書けない

ハ長調 ってのは ↓ これ

f0287177_2344225.jpg






# シャープ とか ♭ フラット が 

1つも つかない これが ハ長調

f0287177_2352829.jpg






ようするに これは 白い 鍵盤 しか 使わない

一番 カンタン な やつ である


だから 音符 さえ 読めれば

楽譜 も 比較的 カンタン に かけてしまう


だから おれ は たいていは ハ長調 か

なるべく # シャープ とか ♭ フラット が

少ない 調 で 作曲 を する


ところが


先日 「 な ん と な く 」 で 作曲 していたら 

黒い 鍵盤 を 使い まくってしまった


もともと 感覚 だけで 弾いている ので

なんとなく 黒鍵 が 多く なってしまった のである


こうなって くると # シャープ が 増えて

ふくざつ で むつかしく なる





その 曲 を 楽譜 に 書こう と したら


なんと!


自分 の 曲 なのに おれ レベル の 知識 では 

まったく 書けなかった! ははは


そこで ネット で 調号 (# とか ♭)

の 勉強 をしてみた


そしたら


書けるように なった! ははは


今まで 調号 も 勉強 したことは あったが

むつかしくて さっぱり わからなかった


音楽 の 楽典 の 本 も 何冊 も 読んだ

しかし むつかしくて さっぱり わからなかった のだ


しかし 今回 「 たまたま 」 

とても わかりやすい 説明 を みつけた ↓ これ

http://matome.naver.jp/odai/2136511911915125501


これを 読んで ようやく 

おれ の 人生初 で 調号 が 多少 理解 できた


もちろん ↑ これも 理解 するには

あるていど の 知識 が いるのだが


たとえば ウィキペディア の 解説 だと ↓ こう

http://ja.wikibooks.org/wiki/%E8%AA%BF_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)#.E5.AC.B0.E3.83.98.E7.9F.AD.E8.AA.BF


これでは ↑ さっぱり わからん!

音楽 の 解説本 とかも たいてい は こんな 感じ


しかし 今回 みつけた サイト は

おどろく ほど カンタン に 解説 してくれていた


マジ で ホント に ほんと に ありがたかった
 


なので 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 この サイト の 著者 に こころ から お礼 と 

    感謝 の エネルギー 的な 気持ち を 送っておいた 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


で 


さっそく おれ の 曲 を 楽譜 に 書いてみた

この サイト で 学んだ 知識 に よると


この日 おれ が てきとー に かいた 曲 は


『 嬰ヘ長調 』 と いう やつ だと 判明した!

( おうへちょうちょう )→ ( えいへちょうちょう )

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この ↑ 「 嬰 」 って 

( おう ) じゃなくて ( えい ) と 読む とのこと

教えてくれて マジありがとう! センキュ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


もしくは 『 嬰二短調 』 と 呼ぶらしい

名前 が ぜいたく にも 2つ も ある との こと

( ↑ ど素人 発言! )


どっち の 名前 で 呼べば イイ んだろうな?


あ! そうか!


ちょっと くらい 感じ の 曲 だから


たぶん 『 嬰二短調 』 と いう やつ らしい!


たぶん そうそう ↑ これ かな?

まだ ちがって いたりして!


つーか おれ ぜんぜん わかってねー!


ま 今 の 段階 では 楽譜 の 書き方 とかも

多少 まちがって いて も いい


おれ の 目的 と しては


『 とりあえず 自分 の 曲 が 楽譜 に 書けて 

  それ を 自分 が 弾いて 再現 できれば いい 』

( ↑ おれ に しか 再現 できなかったりして )


楽譜 が 書ける と 手軽 に 

記録 できて 便利 なので


それが できる ように なりたいな と 

ずっと 思っていた わけである





楽譜 に すると ↓ こんな やつ

f0287177_0202585.jpg





なんと # シャープ が 6つ も ついていた!


Rock から 音楽 に 入ると 

音楽知識 は ほとんど なくて たいへん である


独学 で すこし づつ でも 勉強 して

知識 を 増やしてい かないと いけない


今回 お世話に なった サイト の おかげで


おれ は 自分 の 曲 を 自由 に

楽譜 に 書ける ように なった


f0287177_0482274.jpg













今まで くろうして 勉強 したのに 理解 できず

これは マズイ なあ、、、と こまっていた ので 


これは 

本当 に ありがたい うれしい!


これは この サイト に

『 出会えた 』 から である


やはり 


出会い は 大切 だ!


と より 深く そう 思った


なに と 出会って だれ と 出会って

なに を 吸収 するかで 人生 は 変わる



これから ピアノ で 作曲 した 曲 は

どんどん 楽譜 に 書いていこう と 思う!


ハッ! そういえば 今回 の おれ が 書いた タイトル


『 ついに出会った!! #135 』


これって ひょっとして タイトル みて れんあい とか 

そっち と 思わせて しまっただろうか? 

( ↑ いや おまえ わざと だろ! )


いや~ 

あいかわらず れんあい とか は ぶきよう で

自分でも がっかりする くらい な おれ であった


本当 に 春 は いつ くるのだろうか

ほんと あかんよなぁ おれって、、、 ボソッ



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-03-25 01:44 | Rock | Trackback | Comments(13)

硬派なバンド #078

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は 硬派 な バンド に ついて 書こう


『 硬派 』 と いう 言葉 が ある



『 三つ指 』 と 同じ く 

もはや あまり 使われ なく なった 言葉 である


硬派 とは 一言 で 言えば 堅い 男 の こと

( ↑ まんま じゃねーか )


自分 の スタイル や 男気 を 貫く 生き方 


そして 『 硬派 』 の 対極 に あるのが ナンパ 


ナンパ とは 軽薄 で チャラチャラ した やつ の こと である


じつは 


おれ は 学生時代 バンド に 関して 

かなり の 硬派 だった


学生時代 だと バンド を やる と モテる 

と いう 雰囲気 や 風潮 が あった 


しかし 俺 は その 考え方 が だいっきらい だった


そもそも おれ が ギター に 興味 を もった のは

海外 の Rock ミュージシャン の 


演奏 に 衝撃 を 受けた!!


のが はじまり だった

とくに ヘビーメタル の 高速 の ギター ソロ


おれ 「 スゲーーーー! なんで あんなに 指 が 動くのだ!? 」


おれ も 弾いてみたい と 強烈 に 感じた

だから ものすごく 真剣 な 動機 だった


クラス の やつ が 

「 モテる から ベース を はじめた 」

と 言っている の きいた ときは


Rockをなめんじゃねー!


と マジ で むしず が 走った 

のを 今 でも 覚えている


おれ の 目の前 で 


「 楽器 を 持っている と なんぱ に 使える 」


と 言い放った やつ に 関して は


俺  「 ああ、、、 こいつ とは 音楽 は

     0.001 mm も わかり合えねー な 」


と 思った


ライブ とか すると たまに

見知らぬ 女性 が 近づいて くる こと が ある


すると おれ は けいかい を していた


「 ガルルルっ、、、 」


( って ↑ これじゃあ おびえる 野生の動物 だろ! )


いや いや そんな 感じ では ない のだが


学生時代 に バンド を やっていると それだけで 


表面的 な こと だけで よってくる 女性 が 

おるので これは 気を付けない と いかん な、、、 


と 考えていた 


だから 


女性 「 「 K 」 さん ご飯 一緒 に 行きましょう! 」


俺 「 行かない! 」


なんて こと すら あった


これは 付き合っている 人 が いても いなくても

気になっている 人 とか いたり すると


うわついた こと など ありえねー って ことで


「 ( 俺 には 心 に 決めた おんな が おるんじゃい ゴラアア!) 」


ぐらい の 感覚 を 真剣 に マジ で 持っていた


そういう はなし を 後輩 の バンドマン に 話すと


まったく 共感 を 得られなかった が

「 K 」 先輩 は 現代 に 生き残った


Samurai 侍 だ!


と 言われていた


しかし 俺 の 親友 で ある 

バンド の メンバー たち は


俺 と だいたい 似た 感覚 の 仲間 だった ので

硬派 な バンド だった わけ で ある


にしても


いや~ 今 考えると ホント なんか

まんが に 出ていそう な やつ だったな おれ は、、、 


ははは


とにかく 学生時代 の おれ は そんな 感じ だった


しかし あれ だな 

こうやって むかし の 自分 を 思い出して 書いている と


「 男 たるもの そうでなくては ならない! 」


と いう 感覚 が なんだか ふつふつ と

湧いてくる のが 不思議 だね ヤベー かも!


ちなみに 当時 の おれ の 結婚観 は こう だった


おれ が 肩 に つきささった 矢 を 抜きながら

「 今 帰った ぜ! 」 と 奥さん に 言う


すると


たすき掛け を して なぎなた を もって 俺 の 留守中

家 を 護って いた 奥さん が なぎなた を 置き

『 三つ指 』 を 立てて 「 お帰えり なさいませ! 」

って

これ は 一体 何?


一体 いつ の 時代だ!

つーか マジ で そんな 感覚 だった


ヤバイ 書いている と だんだん 

やはり 「 それで イイ のだ! 」 と 思えてくる 


俺 の 先祖 は 戦国時代 の 武士 だった のだが


こういう ことを 考えて 書いている と

その DNA が 目覚めて きてしまう の だろうか?


こ、これが、、、

じっちゃん の 名 に かけて! 的な 感じなのか!



と いうわけで 今回 は 


戦国時代 の いやいや 学生時代 の 

思い出 話 であった



ひょっとしたら 戦国時代 の おれ は 

じつは そんな かんじ だったの かも?


あと 中学 高校時代 の あの

真っ直ぐ さ って いうのは イイ ものだな と



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-08 23:21 | Rock | Trackback | Comments(9)

ギターリストの指 #076

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


何か を 上達 させたい とき は

やはり 何 に おいても 『 反復 』 


☆ 「 ていねい な 『 反復練習 』 こそ 夢 を 叶える 」


これこそが 最大 の 上達 の コツ である


おれ は バンド では 

ボーカル と ギター だったのだが


あ、、、 


そー言えば


最近 は ほとんど Rock な 話題 も なく

あほ な こと ばかり 言っている から


おれ が Rocker だと 知らない 人 も 多い かも?


ま この際 なので きっぱり 

お伝え して おくが、、、 


おれ は ただの あほ な 人 じゃ ないぜ


バリバリ の、、、 


ロックンロール な、、、 



Ahow! だぜ!


( ↑ 結局 あほ かい! )



アルファベット ↑ で 書くと ちょっと Rock っぽいよな!

ははは!


しかも ちょっと マイケル みたい じゃね?


どうせなら 上記 ↑ の 「 Ahow! 」 の ところ は 

思いっきり ハイテンション! で 読んで いただきたい!


いや いや いかん いかん ついつい、、、

話題 を 戻そう





ここ 数年 は いろいろ あって ギター は 趣味程度 にしか

弾けて なかった ので そーとー なまって しまっていた


エレキ・ギター の 弦 は 金属 である

f0287177_2332203.jpg












楽器 の 演奏 は リラックス が 

基本 なので ちから が 入っては だめ なのだが


やはり 金属 の 弦 は 指 に 弦 が くいこみ 

はじめの うち は 3時間 くらい 弾くと いたく なってくる


しかし それでも 練習 は つづける

もちろん むり な 練習 は よろしく ないが


これを ずっと 続けて いると 

じつは 変化 が 起こる


指 の 表面 が イイ感じ に 硬く なってくる

適度 に 表皮 が 厚く なる のである


こうなると もう 大丈夫!


こうなると 10時間 以上 練習 しても

指 が いたく ならない のである


しかも 適度 に 表皮 が 硬い ので

技 に よっては イイ 音 が 出る ようになる


ちなみに かつて は 一日 に 15時間 くらい

練習 すること も あった が この 指 なら 大丈夫


ここ 1ヶ月 ギター を 弾きまくっていた ので

やっと この 状態 の 指 に 戻った


やっと ギター・リスト の 指 に 戻った


なんか かつて の 自分自身 というか


『 本当 の 自分自身 』


を 取り戻した かの ような 感覚 が ある


自然 と 気合 が 入る 


魂 からの 声 を 大切 に 

前進 して いきましょう


そして 目標 に 向かって 

『 反復 』 これ を

是非 おためし ください



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-06 23:21 | Rock | Trackback | Comments(2)

ことの始まり #064

~ Rock への 道 #001 ~


うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


シンクロ や 大切 な もの は

人 が 運んで 来てくれる ことが 多い


おれ と Rock との 出会い も そうだった


あれは 中学 1年 の とき


中学 に 入って はじめて できた

新しい ともだち の M が きっかけ だった


友人 「 お前んち (おまえの家に) 行くよ 」


と いきなり 言われて おれ は とても うれしかった


そして 友人M が 家 に 来てくれた とき に

その 出会い は 起こった


友人M は おれ の 家 に 

3枚 の 洋楽 の Rock アルバム を

持って きて くれたのだ!


そして その 曲 を 2人 で 聴いた

これ が マジ で ヤベ かった!


とてつもない 衝撃 が 走った!



「 なぬーーー 外国 には こんな

  カッコイイ 音楽 が 存在 していのか!!! 」


と まさに 衝撃 だった!


あの 体験 は 忘れられない

こんな モノ が 世の中 には あるのか!


と かなり ショック を 受けた


以前 も 書いた が

おれ は 音楽 の 成績 は サイアク だった


しかし やはり 歌っている と たのしい ので 

もともと 歌 は 大すき だった


で 小学生 の ころは おれ も
 

歌謡曲 とか TVまんが とか の 歌 を

聴いて くちずさんで いた


そこへ いきなり 海外 の Rock を

聴いた ので 


おれ が 考えていた 音楽世界 が

イイ 意味 で ガラガラガラ と 音 を たてて

見事 に 崩壊 してしまった


それ 以来 おれ は Rock に のめり込んだ


そのとき 友人M が ダビング してくれた

3枚 の アルバム を


おれ は 学校 から 帰ると

毎日 何回 も 何回 も 聴きまくった


そして どんどん 洋楽 を 知りたくなり

洋楽ベスト10 的な ラジオ を 聴いたり


自分でも アルバム を 買う ように なった


今 思い出して も あの頃 の

しあわせ感 は ハンパ ねーな


何回 も 何回 も 同じ アルバム を

聴いている のが しあわせ で たまらんかった


わかる範囲 の でたらめ 英語 で 一緒 に 歌っていた


もともと 英語 には 興味 が あったのだが

このとき 爆発的 に 英語 が すき に なった


じつは 英語 の 成績 も 

この頃 は さほど よくなかった のだが


やはり 


『 好きになる って ことは 

  成績 なんか よりも なによりも 大切 』



なんだよな


この 6年後 おれ は 英語 の 学校 に 

進む わけだが この 洋楽 との 出会い が

それにも 大きく 関わっている わけ だ


洋楽 を 聴いていれば 

世界 は 完璧 で しあわせ だった 


そんな 感覚 が あった


中学 の 3年間 は ホント

Rock づけ に なった


ちなみに この頃 は まだ 絵 も 描いていた

絵 って 音楽 かけながら でも 描ける んだよな


しかし ながら だんだん

絵 よりも Rock が すき に なった のが

おれ の 中学時代 だった わけである


クラス の 友人たち と ダビング しあって

そーとー いろいろ な アルバム を 聴いた


アルバム名 アーティスト名 曲名

そして そのバンド に ついても 

いろいろ 雑誌 を 読みあさり 詳しく なった


う~~ん たのしいよな~~ 

そういうのって!!



いやあ~ 今 思い出して も

たのしく なって きてしまうぜ


と いった 感じで 友人M の おかげで 

おれ の 世界 は Rock に 一変 したわけである


しかし その 3年後 さらなる

大きな 変化 が 訪れる ので あった


そして その 変化 は じつは またしても

友人 たち に よって もたらされた のだった



この つづき は 

ときどき 書いていきます



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-07-09 08:46 | Rock | Trackback | Comments(6)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE