カテゴリ:幼少期( 4 )

 

しょうらいのゆめ #188

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


ホント に たとえば 10年前 では

考えられ なかった こと が 起こる


この前 ソフトバンクショップ に 行った とき

おどろいた


これは 実際 に みて おどろいた のだが

店内 に ロボット が いた!


すでに 会った 人 も 多い かと 思うが


これ ↓ が それ

f0287177_148148.jpg















そうそう ペッパー って やつ


これは ちょっと 話題 に なっていたので

知って いた が みた のは はじめて である


実際 に 店内 で ペッパー が

子ども と 遊んでいる 姿 を 観て


ヤベッ なんか スゲー!



と ちょっと おどろいた


こんな 時代 が やってくる とは

思っても いなかった なあ みたいな


ロボット犬 アイボ の ときは

ふ~~ん そういう あるのか、、、 


くらい だったが


この ペッパー は

んんっ! と 思わず 二度見 した! 


なんで おれ は この ペッパー を みて 

ちょっと んんんっ! って 反応した のかな?


と おもったが


この ペッパー を みて 思い出した の だが


そういえば、、、 

おれ は 3歳 か 4歳 のとき


おれ は 本気 で 将来 は 博士 に なって

真剣 に ロボット を 作り 自分 が 操縦して

マジで 地球 を 護ろう と 考えていたな、、、



って 何から 護るの!


と そんな こと を ふと 思い出して

なつかしい 気持ち に なった


本気 で 真剣 に

考えていた という ところ が ポイント である


ホント に 真剣 に そう 考えて いたからなあ、、、

今 でも その 光景 が 浮かぶ ほど しっかり 覚えている


当時 の おれ は 


なんと!

 で ロボット を 作り ながら

そんな こと を 考えていた な、、、と

木、、、木 かあ、、、

ははは


今 の おれ からすると 

3歳 くらい の とき の おれ は

こやつ おもしろい こと 考えてたな と 思った


なんか ドラえもん の 世界 に

ちょっと 近づいて 来た のかね

ははは


ちなみに ↓ こちら で ペッパー の 店舗 が 判る


ペッパー が いる 店舗
http://www.softbank.jp/mobile/shop/pepper/


興味 の ある方 は

一度 観て みると おもしろい かも



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2016-01-14 01:30 | 幼少期 | Trackback | Comments(9)

いかやき #102

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


先日 の 秋祭 の とき

屋台 が たくさん でていた


おれ は 子ども の ころ 家 の 方針 で

外で もの を 買って たべては いけない と 言われていた


ほかの 子ども たち は みんな いろいろ 食べてた が


おれ は 家 の 方針 に 忠実 に 従っていた ので

屋台 の たべもの を 当時 食べたこと が なかった


はじめて 屋台 の たべもの を 買って 食べた のは

たぶん おとな に なって から だろう


で 


子ども の 頃 の おれ が 一番 気になっていた 屋台 は


『 いか焼き 』


だった 


あれ を ずっと 食べてみたいな、、、

と 子ども の ころ 思っていた ので


今回 はじめて 『 いか焼き 』 を たべてみた


f0287177_22573241.jpg










さほど たくさん は いらなかった ので

半身 の 『 いか焼き 』 に しておいた


まあまあ 美味しかった

ただ ちょっと 味 が 濃くて 塩っぱかった


「 ああ これが 子ども の ころ 

  食べてみたかった いか焼き の 味 かあ、、、 」


と ちょっと 楽しかった


その 後 なんとなく なんとなく だが、、、


屋台 に よって 味 は ちがうのか?


と これ が 気になったので


検証 して みよう
 


と 思い


別 の 屋台 でも 『 いか焼き 』 を 買って

もう一度 たべてみた 


こちら の 屋台 では じつは 

秘伝 の タレ を 使っていたり して、、、



そしたら 


なんと!


味 は 同じ だった!


まあ ある意味 当たり前 か、、、


とはいえ


実際 に 検証 してみて わかる こと だな これは


すっきり したぜ!


ははは



今年 は 先月 の 『 ナイター野球 』 や

今回 の 『 いか焼き 』 など


子ども の ころ に したかった こと を

いろいろ 体験 している 感じ に なっている


むかし やってみたいな と 思っていた こと を

するのは なかなか たのしい 体験 だね


小さい 夢 が 叶っている わけだが


そろそろ


ちょっと ここら で 大きな 夢 も

叶って くれる と イイ の だがっ!


と いった 感じ で ある



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-10-28 23:33 | 幼少期 | Trackback | Comments(9)

じーばーの思い出! #048

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今日 は 俺 の じー ばー の 

思い出 を 書こう


じー ばー は もう すでに

宇宙 へと 還って いった わけだが


俺 の じーさん と ばーさん は

とても 仲良し だった


そんな じーさん と ばーさん の ことで

まだ 子ども だった 俺 に

とても 深く 印象 に 残っている こと がある


それは 2人 が おれ の 地元 の 祭 に

あそびに に 来た とき の こと


俺 の 地元 は 

けっこう デカイ 祭 が あって

それが なかなか 素晴しい 


その 祭 を 観に 来た わけである


で 祭 を 観に 神社 へ いった


俺 は じーさん と ばーさん に

写真 を とってあげる と いった


それで 


神社 の 祭 の 風景 を バック に

2人 に 並んで 立って もらった


じーさん は 昔 の 人 だが

結構 背の高い 人 だった 


ばーさん は とても 小柄 な 人 だった


その 2人 が 並んで 立っている


すると 


そこで


ちょっと おどろく こと が 起こった!


ばーさん が にこにこ しながら

じーさん の 腕 に ちょっと 抱きつく 

ような 感じ で 腕 を 組み だしたのだ


おれ は ちょっと おどろいた!


ばーさん は ホント に にこにこ で 

とても うれしそう だった


これが 子ども の 頃の

俺 の 印象 に とても のこっている


ばーさん は じーさん が

だいすき なのだな、、、と 思った


子ども だった おれ は


あと なんか 外国 の 人 みたいだな

とも 感じた


( この頃 は まだ おれ も 子ども だったので

  さすがに 「 欧米か! 」 とは ツッコマなかった )


これ が とても 印象 に のこっている


あちら の ブログ で 以前 

少し 書いた が


俺 は 異性 に 触られる のが すきでない


というよりも それどころか


先祖 の 侍Samurai の DNA だろうか?

かつて の 、、、 だろうか?


なぜ か、、、


「 む! 何ヤツ! 無礼者! 」


と いう 感覚 が わいてきて

刀 を ぬきそう に なる


だが、、、


しかし!


やはり!


この じーさん ばーさん みたいに


自分 の パートナー には

こんな ふう に してもらえたら

うれしい だろうなあ と


そんな ふう に 思った


あのとき の じーさん と ばーさん の

様子 は いまだに おれ の あたまの の なかで


はっきりと こと細かく 映像 で

想いうかべる こと が できる


おととい の 朝 目 が 覚めたら 


あのとき の じーさん ばーさん の ことが 

なぜか あたまに うかんでいた ので


ここ に 書いて おいた


と いうわけで これが

じーさん ばーさん の 思い出 でした



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-04-21 10:02 | 幼少期 | Trackback | Comments(11)

入園式! #046

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


桜 の 季節 と いえば

入園式


友人 の お子さん が

保育園 に 入る 話 を 聴いて


なんだか なつかしくなり

いろいろ 思い出してしまった


俺 が 保育園 に 入った のは

4歳 の とき だった


その日 は 桜 が 見事 に 満開 だった

桜 の 木 の 下 で 写真 を とった


教室 に 入ると みしらぬ 子たち 

が たくさん いた


なかには さみしくなって わんわん

泣いている 子 も いたな


一方 俺 は というと、、、


自分 の 家 に ない おもちゃ が 

あって うれしくて 仕方がなかった


少し 大きめ な ブロック だったのだが

俺 も ブロック は もっていたが


保育園 に ある ブロック の 量 は

ハンパ ない!


f0287177_10413487.jpg













「 おおお! これだけ ブロック が あれば

  大きな もの が 作れるぞ! 」


と 感動 していた!


さすがに 初日 から ブロック で

遊んでいる やつ は ほとんど いなかったが


俺 は 初日 から 1人 で たのしく 

よろこびながら ブロック で


大きな 宇宙船 を 作った


今 思えば なかなか

ナイス な チョイス だろう


毎日 保育園 に 行くのが 楽しみ だった


え? 


どんな がき だったってか?


ははは


俺 は 期待 を うらぎらない!


期待 どーり! 


ホント しょーもない ワルがき! 


だったぜ!


なわとび とか を 地面 に 埋めて

いくつも の ワナ を つくり


保育園 の 先生 に



「 ねえ! 先生 ここ 歩いて! 先生 ここ! 」



と 言って 先生 を 歩かせて

先生 を ワナ に 落とし入れよう と していた 


俺 は そんな ガキ だった!


先生 は 俺 の ワナ にも かかわらず


「 え? ここ 歩けば イイの? ここ? 」


と にこにこ して

とても 楽しそう に 歩いてくれた


それが とても 印象的 で

こころ に 残っている


先生 を ワナ に かけようとしているのに


どうして 先生 が そんなに 楽しそう なのか

子ども の 頃 の 俺 には まだ 解らなかった


とても イイ 先生 だったね


たぶん 先生 は その ワナ に

一生懸命 に ハマ ろうと してくれていた

のだが、、、


俺 の 作った その ワナ が しょぼ 過ぎて

先生 は その ワナ に ハマることなく


ワナ は あえなく 全部 不発 に おわり 


「 あーーーあ! 」


と 俺 は くやしがっていた!


なんという~ ガキ でしょう~

( ↑ ビフォー・アフター調 で )


と いった 感じ の ワルい やつ だった


とても 今 の ような 

品行方正 な 俺 とは 似ても似つかない、、、


ん? 


なんか 今 一斉 に 「 おいおい! 」 と

ツッコミ が 聴こえた ような 気が、、、

気のせい だろうか?


いやいや じつは いまだに 

俺は くそガキ で マジ こまっている のだが!

ヤバイね~ この 年齢 で!


ははは


ま たぶん ずっと このまま だろう


と いうわけで 今回 は

幼少期 の 思い出 であった




それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-04-07 11:06 | 幼少期 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE