<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

変化のとき&流れを行動に!近況パート2! #025

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


と いうわけで 前回 の 記事 の つづき だが、、、


前回 おどろくべき シンクロ で

なんと


別々 の 2人 の 人 が 

無料 で ロック の ライブ に 招待 してくれた


で それに かんする おもしろい ことが

さらに 起きた のだ!


それは 今月 上旬 の 土曜日 の 朝 の 8:30 分 ころ

突然 の 一本 の 電話 から はじまった


前回 の 記事 で 書いた 

ライブ の チケット を くれた

例 の 同志 から の 電話 だった


やつは いきなり 俺 に こう 言った!


『 今日 の 夕方 に 今度 ライブ に 行く バンド が

  野外公園 で 無料 ライブ に でることが わかった!

  だから 「 K 」 今日 街 まで 来てくれ!      』



俺  「 ええええっ! マジか! おう! 行くぜ! 」


と こんな 展開 に なった!


この 同志 は たまたま 土曜 出勤 だったのだが

その ライブ を やる 公園 の 目の前 が 職場 だった


やつも 仕事 が 終わったら 駆けつける と 言っていた


で 俺 は いきなり ライブ に 行くことになった


「 なんなんだ この 展開 は 」


と 感じながら も おもしろいな と、、、


で その日 は 早めに ボイストレーニング を 終えて

電車 に のり 街まで でた


そこで ひさ~~~~~しぶり の ライブ を 観た


16時 ころ ついたので 

3組 の アーティスト を 観れた


なかなか よかった


で もくてき の バンド は 

この ライブ の とり だった


開演 ぎりぎり に 同志 も 駆けつけ

なんとか 間に合った


とても いい 演奏 だった 

知らせて 呼んでくれた 同志 には

ホント ありがたいと 思った


「 ありがとな! マジ センキュ! 」 


と!


で、、、

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 「 この ライブ を 観て 以来

    ちょっと 俺 に 変化 が 起き始めた 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


俺 の 内面 の 何か が 大きく 動いて

なんとも いえない 気持ち に なった


その 気持ち と いろいろ 向き合っていた


なんか いろいろ と 複雑 だった

もやもや も でてきた


で その もやもや は 何?

そう! 『 チャンス! 』 だね


だから この もやもや とか 

こころ から 涌いてくる 感覚 に 耳 を 傾け


愛 と 調和 の もとに

直感的 に 思いついた ことを 『 行動 』 に おこした


まず この ライブ で 観た バンド の

曲 の 楽譜 が なにげに 気になったので


さっそく 近所 の 本屋 に 注文 した


これが こころから わきあがった


『 第一 の 行動 』 と なった

ここから また 流れ が 生まれてきた


その 楽譜 で ギター を コピー して みようかな と


と こんな 流れ が はじまった、、、


で 楽譜 を 入手 すると 

ちょっと 弾いてみた 


あまり 俺 が 演奏したことない 感じ の

ギター の 演奏スタイル だった ので 勉強 に なった


やはり なじみのない フレーズ なので

けっこう てこずっている が 

だから こそ 勉強 に なる


そして それに ともない

せっかく 曲 を 練習 するのならば


野外ライブ に さっそってくれた 同志 が 

この バンド すき なので


俺 が パソコン に 楽譜 を 打ち込んで

ギター を 録音 レコーディング して 


カラオケ を 作って やろうかな、、、 


なんて こころ に 浮かんだ


俺 は オケ を つくる ことにした


これが こころ に うかんだ ことに よる 

『 第二 の 行動 』 と なった


そこから またまた 流れ が うまれた


で カラオケ を つくる ためには

パソコン で いわゆる


『 打ち込み 』 と いう 作業 を する


「 打ち込み 」 とは 


パソコン の 作曲 ソフト に

ドラム や ベース などを プログラミング すること


そう これを やろうと した


が、、、


これが どつぼ に ハマった! 

とんでもない こんなん と 直面 した


まあ なんとも マヌケ な ことだが


もう ず~~~~~~~~~っと 作曲 から 

遠ざかっていた ので 


まず この ソフト の 使い方 を

わすれて しまっていた 


こんな 感じ の ソフト なんだがな

こんな 画面 ↓ で 作曲 や 録音 の 作業 を するわけ 

( 実際の画面 )
f0287177_13285796.jpg


この ソフト は 『 DAW ディー・エイ・ダブリュー 』

(デジタル・オーディオ・ワークステーション) と いう 種類 の ソフト で


デジタル での 音声録音 編集 ミキシング など


レコーディング スタジオ に ある 機材 での 作業 が

なんとも パソコン 上で ほとんど 出来てしまう


とても おどろくべき ソフト である


これに 「 打ち込み 」 プログラミング すれば

自動演奏 で 何人 もの 演奏 を パソコン が すべて してくれる


バイオリン チェロ ティンパニ ホルン などの 楽器 を 打ち込めば

オーケストラ の 演奏 を 再現 することも

パソコン性能 しだい では 可能 なのだ


バッハ や ベートーベン が 観たら

びっくり して 10.2m くらい 飛び上がる かも!  


で 以前 この ソフト に 切り換えた 矢先 に

俺 は 活動 を 停止 してしまったので


使い方 が 定着 してなかった らしく

ソフト 自体 の 操作 に てこづった 


あほ な 失態 だった 

はははは いけないね


「 れ? あっれ? れ? どーやったけ? 」

「 ん? 俺って ミュージシャン だったよな? たしか、、、れ? 」

「 お~い どゆこと? ゆうこと きいてくれ! ちゃんと うごいてくれ~! 」


と こんな 感じ で こりゃ たいへん 


で なかなか その 作業 も すすまず

うむむ、、、


「 くっそ なんで はじめる 前に こんな 時間 が かかるんだ、、、」


で 結局 パソコン の 方 にも 問題 が あったらしく

その 原因 を みつけることが できた


それを なんとか 改善 したら ソフト が

やっと いうことを 聴いてくれる ように なった


「 よし とりあえず ここまでは オッケー だぜ ふう、、、 」


で やっとこさ


なんとか ひさしぶり に ギター 弾いて 録音 してみたわけ


そしたら、、、


なんとも、、、


しょぼしょぼ の ギター の 音 で、、、、


あは、、、あは、、、あはは、、、と 


もう へろへろ


い、、、いかん、、、これは マズイ、、、

ひじょ~~に マズイ、、、


レコーディング すると やはり 小さい ミス や

細かい とこまで はっきりと アラ が 目立つ 


「 これは いかん! なんとか しなくては! 」


と もっと しっかり 練習 しつつ

同時進行 で レコーディング することにした


で 今 も なお レコーディング中 で ある 


「 あかんな これは 長期戦 に なりそうだな、、、 」

「 こんな レベル では やつ(同志)に オケ わたせねーなあ あかん! 」

「 これは なんとか しなくては! ははは! 」


はじめは 軽い 気持ち で 

なんとなく オケ でも 作るか、、、的な ノリ だったのだが


俺 は ちょっと 音楽 に 関しては やはり こだわり

完璧主義者 的な かんじ なので あまり 妥協 が できない


はじめの 軽い 気持ち は もう どこへやら


「 これじゃあ アカン やりなおし! やりなおし! 」

「 ここ もうちょっと イイ 音色 に できないかな? 」


と いつのまにか 結局 いつもの モード に

なってしまた


と 妥協 を したくない ので 

なかなか たいへん な 状態 である


まだ 俺 は 実家 に いて

今 時期 は これを やる つもり も

まったく なかったが 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 同志たち からの おすすめ CD 

       ↓

☆ 2人 から ライブ への ご招待

       ↓

☆ とつぜん 野外ライブ に 呼ばれ

       ↓

☆ なにげに 楽譜 を 購入

       ↓

☆ 軽い 気持ち で 練習 を 兼ねて 
  
  プログラミング&レコーディング 

       ↓

☆ 結局 妥協 が できなくなり 完全 に ハマる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

と こんな 流れで 予想 も しない 展開 に なった


とりあえずは この 流れ を 大切 にして

やれることを 1つ1つ 大切 に していこう


来月末 くらいまでは これ を 集中して やろうかな

と 考えている


ホント は ボイトレ の 調子 を みつつ

声 が 出るように なったら 来年 の 4月 くらい から


すこし づつ 作曲 の 準備 でも しようかな

くらい に 考えていた のだが


思わぬ 流れ が きて 大幅に 前倒し に なったので

いろいろ と たいへん だったが


1つ 1つ 壁 を クリア していき 


周波数 的に ようやく


☆ 『 流れ と 同調 』 


してきた 感じ だな


問題 を クリア していき 


流れ と 自分 の 周波数 が 同調 してくると

流れが スムーズ に なっていく ので


ちょっと たのしみ だね


と こんな 感じ で 前進 & 日常 を すごして ました

 
近況 は こんな かんじ 


さてさて もう ひと がんばり しますか!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2013-10-20 23:49 | シンクロ二シティ・偶然の一致 | Trackback | Comments(5)

変化のとき&近況!パート1! #024

みんな うっす! 元気?

俺 も 元気 だぜ!


ちょっと ブログ の 更新 が できなくて

しんぱい してくださった 方 も いたようで


どうも ありがとうな! 


で 俺 は 相変わらず ふざけながら も

元気 でやってるんで ごあんしん を!


とは いえ 実は ちょっと 

先月末 あたりから シンクロ を ともない


待望 の やっと キタ か! 

『 変化 の とき 』

を 迎えていた


俺 の 今まで の 人生 でも そうだったが

なんか の きっかけ で 急激 に


『 変化 の とき 』


が 訪れる ことが ある

それが ちょうど ここ 最近 起きていた


実は きゅうげき に 変化 が くると


周波数 が おおきく 変わり

結構 ちょっと こころ も きつく たいへん なのだがな


これを うまく 1つ1つ クリア していくと

いろいろ と 新しい 展開 に つながる


だから これが 実に いろいろ と ありがたい


こういう ことが ときどき どうかすると 起こる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 特に 地球 の ことを 真剣 に 考えて

    いろいろ がんばって 選択&行動 していて

    それが ある程度 の とこまで やると

    この ありがたい 『 変化 の とき 』 が 

    不思議 な シンクロ と 共に やって来る  』
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう わけである

これは 天から の プレゼン 的な もの でもあるわけだな 


で 


なに が あった か と 言うと


前回 の 近況 で 友人 や 仲間 が

いろいろ と この 曲 を 聴いてくれ

と 俺 の 知らない ロック を 薦めてくれた

ことを 書いた が


あれから またまた おもしろい シンクロ が 起こった


俺 の 人生 の 仲間 とも 言える 同志 から

メール が 届き


『 チケット代 は いい から

  どうしても ライブ に 一緒 に 行ってほしい!! 』


と 言われた 


俺  「 え? マジ で いいの? 」


と 思った ライブ に 無料 で 招待 されたのだ!


そういえば ロック の ライブ に 

もう なが~~~い こと 行ってなかった


なんか とても うれしかった!


ところが その 数日後

おどろくべき こと が 起こった! 


なんと!


もうひとり の 別 の 同志 が 

手 に なんか 持って 俺 の とこへ 来た

そして


『 この チケット あげるから 

  この バンド の ライブ を 観にいこう! 』


と 言ってきた のだ!


俺  「 うええええっ! マジかよ! ホントかよ! 」


さすがに これには びっくり した!


この わずか 数日 の 間 に

まったく 別 の 2人 の 同志 に


ロック の ライブ に 無料 で

招待 してもらえたのだ


こんな ことって あるんかい?


と さすがに おどろいた!


と こんな 感じ で 12月 に

2つ の ロック の ライブ へ 行くことになった


これは とても たのしみ である!


で ここから どうなったのか? は、、、



つづく!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2013-10-17 02:28 | シンクロ二シティ・偶然の一致 | Trackback | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE