<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

運命の出会い #088

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


さて 今日 は 自由時間 最終日 だったので

楽器屋 めぐり を した


( 明日 から は 用事 が メイン なんでな )


楽器屋 めぐり 

じつは これは とても 大切 なのである


俺 が 今 使っている ギター は もう かなり 古く

だいぶ いたんで きてしまっている


そこで 自分 に ぴったり の ギター を

今 さがしている


で どうして 何軒 も 周る のか と いうと


じつは ギター には 個体差 と いうものが ある


これは かなり 驚くべき こと なのだが


全く 同じ メーカー で 同じ 機種 の 

ギター で あっても 音 が まったく ちがう のである


これは ホント に びっくり するほど 音 が ちがう!


実際 に 弾いてみると


「 れ? これ なんか スゲー よく 鳴る! 」 


とか


「 れ? なんだろう これ 鳴らない なあ、、、 」


など ホント に 鳴らして みない と 解らない


また ギター の ネック は 機種 に よって

形 や 厚さ が ちがう ので


ちょっと ネック を もった だけで


「 あ! これだ! 」

「 あ、、、これは あかん な、、、 」


と 判る のである


それに ちょっと 第六感 的な 感覚 も

ギター 選び には 大切 なのだが


ギター は ちょっと 弾く と


「 あ! これだ! 」

「 あ、、、これは ちがう 」


って のが 魂 とか ハート で 感じる、、、

もう 本当 に 運命 の 一本 とも いえる


「 おおおおっ! これだーーー! 」


と いう ギター に 巡り会う まで 探す わけ

これが 大切 なのである!


なんか あれ だな ギター 探し って のは


運命 の 人 との 出会い なんか と 

ちょっと 似てる の かも!


ギター との 出会い に 関して は 

俺 は はっきり と 判る が


はたして おれ は そっち も わかる のだろうかっ!


ま わかるん だろうな その気 に なれば なんでも


魂 で 感じる こと を

大切 に いきたい ものだよな!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-27 23:59 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(5)

めんたい重 #087

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


昨日 に つづき 完全 に 旅気分 全開 で


( ホント は 用事 が メイン の はずだが、、、 )


きょう は 「 めんたい重 」 を 食べた

ほとんど グルメブログ化 してしまっている がっ!


ははは


とある 方 が 福岡 に 行くと 

かならず たべる と 言っていた ので


「 おれ も 行って みよう かな? 」


的な ノリ で 行ってみた


めんたい重 とは 陶器 の 重箱 に 入った ごはん に のり と

甘辛 の たれ と 大きな めんたいこ が 乗った 食べ物 だった


それ が これ ↓

f0287177_2241151.jpg
 












たぶん うな重 てきな 感じで めんたい重 なんだろうな


じつは この たべもの は 全く 知らなかった のだが

たまたま タイミング よく 最近 たしか 3日前 くらい に 


偶然 知った ので 食べておいた


なんとなく 博多っぽいなあ と いう 感じ が した!


結構 味付け が 濃かった が

ま おれ の 地元 も 結構 濃い んでな

俺的 には 美味しかった


あと ここ は すごく 店員さん が よかった

とても 丁寧 で 親切 な お店 であった


帰り際 にも 


「 ごちそうさま おいしかったっす! 」


と いって 店 を でた ら


なんと 社員さん 風 の 方 が 店 の 外まで

おれ を 見送って くださり 


「 ありがとう ございました 」


と 深々 と あたま を 下げて くださって いた


「 ( おおおっ! なんと 丁寧 な 対応! ) 」


と ちょっと おどろいて しまった! 

それが とても 印象 に のこった


で 


つづいて 夕食 は 


たしか 8年 くらい 前 に アド街 で

福岡 と いったら 屋台 とか 言っていた 


それを 観て 「 あ~ そうなんだ、、、 」 と

思った こと が ある


なんか おれ は 印象 に 残ると 

かなり 完全 に 記憶 される らしく


それを 思い出した ので 屋台 へ 行ってみた


なんか ちょっと 正直 屋台 は 慣れて なくて

ちょっと ていこう が あった 


隣 の お客 が ホント すぐ 近く の 

真横 に いるから ちかい! ちかい よな


おれ は あまり こーゆー の おちつかない が

もちろん せっかく なので 入ってみた


食べた のは らーめん と ぶたばら串 2本


なんでも ぶらばら串 も 博多 では 

よく たべる との こと なので それにした


それ が これ ↓

f0287177_22571538.jpg












つーか この ↑ 写真 どー 観ても 

食べ 終わってる よな!


「 ハッ! 写真 を 撮らなくては! 」


と 気づいた とき には この 状態 で あった!

と いう ありがち な こと を してしまった!


ははは


両方 とも とても 美味しかった 


屋台 は 結構 価格 が 高い って きいていた が


らーめん 600円 と 串 が 一本 200円

で 合計 1000円 で わりと フツー だった


つーか あらかじめ 安い 屋台 選んで 入った 

ははは


( ↑ わりと せこい!  )


屋台 の 雰囲気 は やはり あまり 慣れてない ので

おれ は まあ フツー に おとなしく 食べていた が 


「 ああ なるほど こういう 感じ な 」


と 屋台 の 雰囲気 は 楽しめた と おもう


用事 そっちのけ! みたいな 感じ だが

ははは


( ↑ だいじょーぶ 時間 は ある! )


じつは これら の 計画 を 実行 するため

しっかり はやめ に 来ている わけである


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-26 23:49 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(6)

旅気分 #086

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


旅 では なく 完全 に 用事 だが

今 九州 に 来ている


しかし 旅気分!


博多駅 に 着いた

なんとなく


「 せっかく 博多 なので 博多 らしい

  もの でも 夕食 に 食べようか、、、 」


と 思った 


博多駅 近辺 の 店 とか 全然 知らない ので

駅 の 構内 に ある インフォメーション で 尋ねた


「 この 近く で 博多っぽい もの 食べれる 店 は どこ? 」


すると 案内係 の 方 が


「 やはり もつ鍋 でしょうか 」


と 教えてくれた 


で 駅 の 構内 にも もつ鍋 が おいしい と

有名 な 店 の 支店 が あるので おすすめ です


と 教えてくれた 


おれ は 基本的 には ほぼ ぎゅう は 食べない ので


「 その他 にも ありますか? 」


と 尋ねると 


あとは とんこつラーメン と 

めんたいこ が 食べれる 店 とのこと だった


福岡 の らーめん屋 の 一風堂 とか 一蘭 は 

チェーン店 で 他県 にも あるので ちょとな、、、 


で めんたいこ は べつ の 計画 が ある からなあ、、、


と いうわけで ま せっかく なので 

もつ鍋 行ってみるか と いうこと に した


「 ありがとー  」


と 伝え 行ってみた


それは 博多駅 構内 に ある 

『 おおやま 』 と いう 店 だった


まだ 夕方 の 早い 時間 だったので 客 は

すいていて おれ と あと もう ひと組 だけだった


で やはり せっかく なので もつ鍋 を 頼んだ


味噌味 と しょうゆ味 が あったが


この お店 の 定番 は 味噌味 だそうで

おれ も それ に した


で それが これ

f0287177_5463158.jpg












博多 の もつ鍋 は はじめて 食べた のだが

これは やはり 美味しかった


「 これが 博多 の もつ鍋 かあ、、、なるほど 」


味 は ちょっと 辛く 味噌 も とても 美味しかった


で 最後 に ちゃんぽん麺 を 

入れて 食べる のが おすすめ らしく


それ も やって みた


もともと 麺 は すき なのだが


ここの 麺 は すごく しっかり した 麺 で

これも かなり 美味しかった


「 ( やはり 多く の 人たち が 好む ってのは

    美味しい とか しっかりした 理由 が あるのだな、、、) 」


と 当たり前 の ことながら 

改めて 深く 感じた


そして


「 ごちそうさま 美味しかった ありがとう 」


と 店 を 出た


すると すでに 店 の 外 には 行列 が

出来ていた 


「 ( ああ やっぱり ここ 人気 あんだな、、、 ) 」


なっとく だな と 思った


今回 は まあ ちょっと いそがしく

たいへん な 用事 で 来ている が


それ 以外 の 時間 は ま 夏休み? でも あるので 


せっかく なので 旅気分 で

福岡 を 楽しもかと たくらんでいる


ははは


つづく



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-25 23:59 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(16)

空想の絵! #085

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


たしか 中学 2年 の とき

美術 の 先生 が


「 「 K 」 市 の 読書感想文 の 

  表紙 の 絵 を 描いて ほしい  」


と 頼まれた


なんでも イイ から 空想的 な 絵 を

点描画 で 描いて ほしい と いうこと だった


点描画 とは フランス の 画家

ジュルジュ・スーラ で 有名 だが


細かい 点 を つかって 描いた 絵 である


ま とにかく 点 で 絵 かいてくれ と


で なんでも イイ と 言われた ので

当時 興味 の あった ものを いろいろ 描いた


その頃 興味 の あった もの とは


ピラミッド 宇宙 とか 

当時 の 3DCG みたいな 遠近感 のある 道


そして UFO 宇宙船 など であった


宇宙船 に 興味 が あってのが 笑える!

ははは


で 宇宙 は アンドロメダ が すき だった のだが

描きづらい ので わかりやすい 土星 に しておいた


ははは 安直 だな


結構 おれ は SF の マンガ が すき で

よく 読んでいた ので その 影響 から 


出来上がった 絵 が これ ↓



f0287177_9341062.jpg




























これは すべて 小さな 点 で 描いて ある

たしか 油性ペン で 描いた かと


しっかし 一体 なんだろうな この 世界観 は、、、

当時 は おれ の あたま の なか に


こんな イメージ が あった わけである


これが とある 市 の 読書感想文 の

文集 の 表紙 に なった


すき に 描いた だけ だった のだが 

案外 読書感想文 には これ は 合っていた かも 


なんでも イイ から すき な もの を 

描く ってのが なかなか 楽しかった


自分 の 内側 に ある すき な 世界 を

自由 に 表現 する ってのは 大切 だと 思う


絵 で あれ 音楽 で あれ 踊り で あれ

やはり 芸術 って のは イイ もんだね


学校 を 卒業 して しまうと

美術 の 授業 の 時間 が ない ので


「 さあ 絵 を 描くぜ 」 


って ことが フツー だと ない


( 音楽 の 時間 なら ほぼ 毎日 あるがっ! )


しかし ときどき 美術 の 時間 を 

日常 に もてたら ステキ だな と 思う


また 時間 が できたら ( できる のか? )

描いて みるのも イイ の かも しれない


友人 の 画家 の 個展 とか ときどき 行くが

個展 なんて やって いたら 


さらに たのしい のだろうな



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-22 09:53 | 芸術・アート | Trackback | Comments(8)

自分の声 #084

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


自分 の 声 を 録音 して 聴いたこと ある?


俺 は カラオケ・スタジオ に 入る と

毎回 録音 して 帰宅後 歌 を チェック してるが


一番 最初 に 録音 した 自分 の 声 を 聴いた とき


「 え? だれだ この 声? 」



と ショック を 受けた 覚えが ある


たぶん 自分 の 声 の 録音 を 聴いた ことが ある 方 は

「 ある ある 」 と わかる はず


俺 も 始めの頃 は 自分 の 声 を

聴く のが いや だった


さすがに 何年 も ボーカル やっていると

もちろん 最近 では すっかり 慣れた 


ときどき 人 から


「 イイ 声 してますね 」


と 言われる ことが あるのだが


自分 では まったく そう 思えないし 感じない


あれ は 一体 何なんだろう な


いちおう 専門的 には 声 は この


「 気導音 」、、、空気 を 伝わる 音

「 骨導音 」、、、自分 の 骨格 を 伝わる 音


の 音 から 構成 されていて


自分自身 は 「 気導音 」 と 「 骨導音 」 

の 両方 が 混ざった 音 を 自分 の 耳 で 聴く が


自分 以外 の 人たち は 「 気導音 」 だけ

を 聴いている


この ちがい が ある


周囲 の 人たち が 聴いている 声 が 

俺 の 本当 の 声 だと すると


『 本当 の 自分自身 の 声 は 

  自分 では 聴くこと が できない 』


わけである


ちょっと 哲学的 だよな


そうなって くる と

客観的 に 自分 を みる 努力 ってのが

やはり いろいろ と 大切 と なってくる


自分 の 歌 も 録音 した もの を

客観的 に しっかり 聴く ことで


いろいろ な こと が 見えてくる

演奏 の だめ な ところ も しっかり 見えてくる

現実 も しっかり みえてくる


そして その みえた もの を 

次 の 練習 に 活かす

これが とても たいせつ なのである


それを 何度 も 何度 も くりかえす 

そうする ことで 確実 に 上達 していく


客観的 な 観察 って ホント 大切 だよな


最近 の 出来事 から

とくに そう 感じている



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-19 23:16 | ボイトレ | Trackback | Comments(4)

タイミング #083

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


最近 は 月 から 金 まで 前日 に 予約 して

カラオケスタジオ に 入って いるが


今 は 盆 の ため 予約 が できない


それに お客 さんが たくさん いて

どの 部屋 も うまって しまって いる 


で そんな なか 今日 は

できたら スタジオ 入りたい な、、、

と 思ってた のだが


『 なんとなく 行く なら 今 だな、、、 』


と 感じた 


いつも とは ちがう 時間帯 だったが

直感 で 「 今 」 だと 感じた ので

いちおう 行ってみた


すると


なんと!


おれ   「 ど っすかね? 今日 は いっぱい? 」


店員さん 「 それが なんと 「 K 」 さん 

       1部屋 だけ 今 空いてるんですよ! 」


と!


盆 で 賑わっていて ずっと 満室 だったのだが

なんと たまたま そのとき 空いていた 


しかも おれ が いつも 使っている

カラオケ の 機種 の 部屋 が 空いていた


店員さんも この タイミング で 

おれ が 現れた ので


「 ラッキー ですね! 」


と 盛り上がった


やはり 「 なんとなく 今だ 」 の 感覚 は

ただしかった のだ


「 なんとなく 今 」 の 感覚 と 

実際 の 空き部屋 状況 が 


シンクロ していた わけである


「 なんとなく 」 は やつら からの 声


だから 愛 と 調和 のもとに 

実行 できる こと ならば

かならず 実行 した ほうが イイ


じつは おれ は 音楽 に 関する こと だと

こういう ラッキー な ことが 多い


きっと みえない れんちゅう も

応援 して くれている わけだな


これは がんばらねば!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-15 22:59 | シンクロ二シティ・偶然の一致 | Trackback | Comments(3)

後輩 #082

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今日 は 後輩 2人 が 遠路 はるばる 

会いに きて くれた


もう ホント に ず~~っと 会ってなかった 

ので いったい どんな 話 を するのか?


と たのしみ に していたのだが


これが 実際 に 会ってみると


当時 の まんま


で 3人 で あほ な 話 を 連発 して

たえず 笑っていた!


これが ひじょ~~に おもしろかった!

こんなに 笑って 楽しい 日 は ひさしぶり だった


やっぱり ふざけて みんな で 笑いあう

これが、、、


おれ の 原点 だ!


と 自覚 した

これが おれ だな、、、と


で 話して いた 内容 は


1、当時 の 思い出

2、ヘビメタ の 素晴らしさ に ついて

3、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 など お笑い に ついて

( ↑ とんねるず の 番組 の コーナー )


だいたい この 3つ の テーマ だった


あと ちょっと 霊的 な 話 も した

後輩 の UFO 目撃談 とか


これが おれ が 観た のと 

かなり 似た 感じ の もの だった


あと とても 印象的 な こと が あった


ロビー みたいな ところで 

くつろいで 座って 話して いた のだが


後輩 の ひとり が

スマホ を 気にしながら すっと 席を たった


「 電話 かけに 行くのかな? 」


と 思って いたら

そしたら その 後輩 が 帰ってきたら


なんと!


だまって ペットボトル の 烏龍茶 を 

売店 で 買ってきて くれた


「 おおおっ! ありがとう! 」


「 あ それで だったのか、、、 」


と おれ は 感動 した


一方 おれ は もう一人 の 後輩 を あいて に

おれ が ぼけ たおして 2人 で 笑いまくって いた


まあ 笑わせる 担当 と いうか


それが おれ の 役割 って 言えば 

そうでは ある の だが


しかし


その 烏龍茶 を 買って きて くれた

後輩 を みて


「 ああ なんか すばらしい なあ

  おれ も こう ありたい なあ 」


と 思った


もちろん お互い の 関係 や 状況 にも よるので

同年 の 集まり なら きづかい なし の 方 が いい のだが


後輩 が 会いに 来てくれた とき など は

次 は おれ が どこか で こうしよう と おもった


こう なんて いうのかな だまって スっと

こういう 行動 を さりげなく してくれるん だよな


この 後輩 は 当時 ギター でも さりげなく

とても 丁寧 で 繊細 な 音 を 出していた


こういう 光景 ってのは 女性 の 集まり だと 

わりと フツー なのかも しれない が


じつは 野郎どうし の 集まり だと

こういう シーン って あまり ないんだよな


だから ホント ちょっと 感動 した


やはり こころくばり が できる ってのは

人 と して いい なあ と 思った


あと 何年 も 会って なかった のだが

会った 瞬間 に なじむ 仲間 って いるよな


今回 の 2人 も そうだった のだが


そういう 関係 ってのは 

今世 だけ の 仲間 で ない


今度 みんな で 

安土城跡 から 琵琶湖 を 観に 行こうか?


なんて 話 も していた が


当時 共に たたかった 仲間 だった 

の では なかろうか 


と いう 感覚 が あった


そういう 仲間 とは じつは エネルギー の 

受け渡し の ために 会う べきして 会う


じつは 今回 も そういった

霊的 な 側面 が あった ようである


これは 表面的 に ただ 会って

なにげない 話 を した だけで あっても


じつは エネルギー の 受け渡し が

行われいる のである


いずれに しても 俺 は これが 


地球 に とっても ほかの 仲間たち に 

とっても よい 流れ に なる ことを


真剣 に 願っている


こんな 感じ で いろいろ な 意味 で

たのしく も あり よい 一日 で あった 



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-14 23:26 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(3)

つれ #081

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今 俺 も 地元 に いるので

盆 と いうことで 地元 に いる 

つれ たち と 集まった


高校時代 の つれ である やつら とは 

剣道部 でも あり バンドメンバー でも あった


当時 は 集まって ばか な こと ばかり やっていたが

今 も なんか いい 感じ に 刺激 しあえる 仲間 である


4年間 仕事 しながら 学校 へ 通って

転職 を する つれ なんか も いた


そうやって 自分 の 魂 が より 惹かれる 

方向 へ すすんでいく 仲間 を みる のは 

やはり とても うれしい もの だな


あと 何年 たっても 基本的 には

変わらない れんちゅう で それも いい 


おれ 「 おれ は いつまで たっても 高1 だからな! 」


つれ 「 まあ 「 K 」 は ホント そうだよな! 」


なんて 会話 も あった


ちょっと マズイ かも しれんが

やはり 人 は 根本的 な ところ は かわらない


やはり 魂 から 大切 だと 感じる こと に 関して は

おれ が いくつ であろうと 大切 に したい と 思う



明日は 他県 から 後輩 が 会いに 来る

かなり なが~~く 会っていない 後輩たち


あ こちらも バンド の メンバー だな


その バンド では 俺 は サポート 的に

じつは ドラム を たたいて いた


明日 は ベース と ギター が 来る


もともと は 俺 は ボーカル&ギター だった が


この バンド の ため に ドラム を

かなり 練習 した


じつは この とき の 経験 が とても 役立った


リズム に 関して 勉強 に なった のと


俺 が 作曲 を するように なった とき に


ドラム の パート も この おかげで

ある 程度 作れる ように なった


今 の 自分 が あるのは やはり

こういった 仲間 や 経験 の おかげ だな


あと やはり 何 が どこで 役立つ か わからない


だから 今 目の前 に ある こと には

真剣 全力 で 取り組む こと が 大切 だよな


明日 も どんな 話 を して 

どんな こと を 感じる のか たのしみ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-13 23:34 | Trackback | Comments(2)

ここがポイント #080

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


先日 の 記事 で 何回 か 

『 自由 すぎる 女神 』


f0287177_23422433.jpg












に ついて 書いた が


あの ガチャガチャ を 観た とき に

「 おおおっ! 」 

と なった ポイント は じつは ほか にも ある


これは 知らないと 気づかれず に

たいてい は スルー されて しまう ところ だが


そこを おれ は あえて ツッコミ を 

入れて おきたい!


それは 『 自由すぎる女神 』 の 中でも

これ ↓

f0287177_2393688.jpg












『 自由すぎてブリッジする女神 』 で ある


この ブリッジ する 女神 を みて

何か お気づき だろうか?


「 あれ ブリッジ に うで を 使ってない? 」


そうである! そこ!


ふつう ヨガ や 体操 で 行う ブリッジ は

両手 を 床 に つけて 身体 を 反らせる


しかし この 女神 の ブリッジ は ちがう!


両手 は 使わず に 腕組み を したまま

あたま だけ で ブリッジ を している!


じつは これ


『 レスラー・ブリッジ! 』



と 言う!


これは おもに プロレス とか 

レスリング の 選手 たち が

首 を 鍛える ために おこなう ブリッジ なのだ!


( ↑ 一般 の 方 は マネ しないで ください )


とくに スープレックス と いう 技 には 

この ブリッジ は 必須 なので ある ↓


f0287177_23291419.jpg











この 女神、、、


一体 どこへ 向かっている のか!


なかなか 深い

きっと この 女神 を 制作 した 人 は


この ブリッジ が レスラーブリッジ で ある ことが

ポイント だと いう 信念 の もと に 作った はずだ!


あまり 多く の 人 には 気づいて 

もらえない かも しれないが


きっと この 日本 の どこか に 

この 女神 が レスラーブリッジ を している 


こと に 注目 して くれる 人 が いるはずだ!


と 信じて この 女神 を 制作 したのだろう


これは やはり おれ と しては

ツッコミ を 入れない わけには いかない!


『 自由すぎてブリッジする女神 』


の ポイント は その ブリッジ が


『 レスラーブリッジ 』 


で ある ところ なのだ!


ぜひ みんな にも 

この こと を 知って おいて ほしい 


そして もし どこか で 

この ブリッジ を している 女神 を みたら


「 ( あ! レスラーブリッジ! だ! ) 」


と ひそかに こころ の なか で 

ツッコんで おいて ください


きっと 女神 には 伝わる はずです、、、


( ↑ って おい! )



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-12 23:58 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(9)

テンポ #079

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


先日 の 記事 で 松岡圭祐 氏 の

f0287177_64002.jpg
特等添乗員αの難事件I 詳細

著 松岡圭祐 氏






こちら の 本 を ご紹介 した


この 作品 を 読んでいた ころ 

俺 も 執筆 していた ので


なんで この 作品 は 読みやすい のか?

など 研究 しながら 読んでいた


この 本 で とくに 気になった ことが 2つ あり

その 1つ は


☆ 『 とても 読みやすい 』


と いうこと である


どうして こんな に 読みやすい のか?

この 本 を 分析 してみた


すると この 本 は 1つ の 章 が


長い 場合 は だいたい 10ページ で 

短い 場合 は だいたい 6ページ に なっていた


章ごと に おおよそ


『 ページ数 が キレイ に 揃っている 』



のだ


「 なるほど だから テンポ よく 読める のか、、、 」


だいたい 同じ スピード で 1章 づつ 

読めて いく ので 話 の テンポ が とても よく 感じる


それが とても 読みやすかった のだ


俺 も 音楽 を やっている だけに

テンポ や スピード感 というのは とても 気になる


あと やはり 文章 で それを やるってのも

なかなか スゴイ なあ と 感じた


やはり 読んでいて おもしろい 本 ってのは

こういう ことも 編集 とか で 考えてる のかな、、、


と 感じた


と いった 感じ で


『 読みやすさ 』 の 『 鍵 』 の1つ は


テンポ の よさ が 関係 している ことが 判った


あと もう1つ とくに 気になった のは


1章 ごと の 話 の 展開 が みごとに 


☆ 『 つづき を 読みたく させられる 』


こんな 文章テクニック は 一体 どうやて

この 著者 は 身につけた のか とても 気になった


そこで デビュー 作 も 読んでみた

『 催眠 』 と いう 作品 である

f0287177_0111639.jpg
『 催眠 完全版 』 詳細

松岡圭祐 氏






そしたら この 作品 も おもしろかった


ちょっと これは 好み が 別れる 内容 なので

おすすめ とまでは いかない かも しれないが


とても 話 も まとまって いて

デビュー作 とは 思えなかった


それも その はず!


じつは これ タイトル が 『 催眠 完全版 』

と なって いて 完全版 だけに


これは デビュー作 『 催眠 』 を 

大幅 に そーとー 書き直した 作品 だった


なるほど それで デビュー作? にして 

ここまで まとまって いた のか と 納得 


で 結局 松岡氏 の デビュー 作 が 

どんな 感じ の 作品 だったのはか 


知ること が できな かった


なので


☆ 『 つづき を 読みたく させられる 』


その 技術 の 『 鍵 』 は そこからは 見つけられ なかった


ところが 


このあと じつは 意外 な ところ から

その 


『 鍵 』 が 見つかった! 


のであった!


それは 俺 に とっても かなり 大きな 収穫 で

そして 意外 な 収穫 でも あった


その 話 は また ここ で



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう! 
[PR]

  by aquarius-az | 2014-08-11 23:43 | 読書 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE