「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

京都の旅9 まとめ編 #155

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート9 「 まとめ 編 」 最終章 である


おれ は これまで 旅行 と いうと 


昨年 の 九州 も そうだが 用事 で そこ へ 行き 

その ついでに 観光する と いった パターン だった


ま 今回 の 旅 も いちおう 用事 は あった わけ だが

今回 は 京都 観光 も 思いっきり メイン だった


そういう 意味 では よくよく 考えると


おれ は 観光 メイン の 泊まり での 

ひとり旅 は 今回 が なんと 人生 初 だった


それだけに とても 楽しかった のと

いろいろ な 気づき も あり


おれ は 人間的 にも 成長 することが できた


おれ が 今回 の この 旅 から 

気づき 学んだ ことは


へたに 旅 を すると こちらの ブログ の

更新 が かなり たいへん だということ!



である!


って おい!

おまえ ぜんぜん 成長 してねえ~~!

ははは


いやいや そこ じゃなくてな

ついつい ふざけてしまうな おれは


ま 実際 成長 とか そういう おおげさ な

こと では ない のだが


旅 を すると いい 意味 で


「 人生 が リセット 」 された 感覚

「 意識 が ひろがった 」 感覚



を 感じた


ああ この 日本 にも おれ の しらない

美しい 世界 が たくさん あるの だな



と いうこと を あたま の 理屈 では なく

体験 全体 から こころ で それ が 判った


基本的 に おれ は 毎日 音楽 の 練習 ばかりで

休み も ほとんど なく そと へも あまり 行けない


旅 は そんな 日常 を 吹き飛ばして くれた

そして 人生 の 可能性 を 観せてくれた


人生 には いろいろ な 可能性 が ある


のだな と おれ に 感じさせて くれた


で 旅 から 帰ってきて 感じた こと なのだが


おれ 自身 は あまり 意識 していなかった のだが

練習 ばかり の 毎日 に 少し あせり が あったらしく


それが 旅 を したことで いろいろ な 可能性 を 知って

あせり とか が なくなり


音楽 を より 楽しめる ように なった


あと なんて 言うのかな? なんか よくわからんが


りくつ を 超えた 新たな 安心感 みたいな 感覚 とか

何か 霊的 にも おれ に 変化 が あったの かも


と こんな 心境 の 変化 が あった


この先 も 工夫 と 行動 しだい で 人生 には

楽しく おもしろい ことってのは いろいろ あるんだろう なと


今回 の 旅 で おれ は かなり 京都 が 気に入った


あと 世界遺産 の 教王護国寺 上賀茂神社 下鴨神社 

など にも 行ってみたい


あと 奈良 とか も よさげだよな


また いつか つーか 今後 は ある程度 定期的 に 

旅 に でれたら いい な と 思っている


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-27 22:37 | 思うこと | Trackback | Comments(22)

京都の旅8 バス編 #154

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート8 「 バス 編 」 である


その1


清水寺 へ 向かう バス の 車窓 から

なにやら おもしろい 看板 が みえた


写真 を 撮ろう と したが

バス が 動いて しまって ざんねん ながら 撮れなかった が


その 看板 は どこぞ の 寺 の 看板 で


それ を 観た 瞬間 

おれ は ぶぶぶっ! と 吹き出しそう に なった!


そこには


「 利休 好みの 庭 」


と 書いてあった


「 利休 の 庭 」 でもなく 

「 利休 が 好んだ 庭 」 でもなく


「 利休 好みの 庭 」 と 書いてあった のだ


なんだか びみょ~ で やたら 気になる!


はたして 本当 に 利休 は 好む の だろうかっ!


これは 言葉 の チョイス が かなり びみょ~ な 表現 である

とても 気になる キャッチフレーズ だった


しかし これは 使えるな と


おれ も この 「 K 」 Diary  を 


「 シンディ・ローパー 好み の ブログ

「 K 」 Diary ! 」


f0287177_071039.jpg














とか! 言ってしまって イイのか?

( ↑ イイ わけ ねーだろっ! )


もちろん じょーだん なのだが

触れては いけない ところ に 触れてしまった ような、、、


いやいや また しかられる から このへん で あほ は やめておこう


その2


さすがは 京都 だけ あって

バス には 外国 の 方 も 結構 いた


そして おれ は 外国 の 方 に 声 を かけられた


外国の方 「 英語 話せますか? 」


おれ   「 ええ 」


外国の方 「 この バス は ジオン へ 向かいますか? 」


おれ   「 (えええっ!) 」


おれ は 一瞬 自分 の 耳 を うたがった

まさか そんな ばか な、、、


おれ   「 え? もっかい言って もらえます? 」


外国の方 「 この バス は ジオン へ 向かいますか? 」


まちがい ない この 人 は ジオン と 言っている!


ジオン っつったら、、、 あれ だろ? あれ


これ ↓ とか

f0287177_23463984.jpg











これ ↓ 

f0287177_23412012.jpg













だよな、、、


この 近くに ジオン の 施設 でも あるのか?

まさか この 人 ジオン の 科学者 なのかっ?


念のため おれ は 再度 確認 してみた


おれ   「  ジ ・ オ ・ ン 、、、ですか? 」


外国の方 「 ええ  ジ オ ン  です 」


そして その人 は おれ の 背後 を

指 さして こう 言った


外国の方 「 ほら あそこに 書いてある のですが、、、 」


おれ   「 ( えええっ! まさか この バス

     本当 に ジオン に 行くのかあ! )
 」


と いうことは まちがっている のは おれ の 方で

おれ は ジオン 行き の バス に 乗ってしまったのか!!


と 驚きつつ も 後ろ を 振り向き 表示 を みると

そこには 大きく


なんと!


『 祇園 GION 』


と 書かれていた


おれ 「 あ、、、ホント だ、、、 」


おれ  「 (「 祇園 ( ぎおん) 」 の こと だったのか、、、) 」


しかし そこ には まぎれもなく GION ジオン と 書かれていた

ははは


さて これ を 解説 すると


フツー 日本人 は GION を ギオン と 読む

これは ローマ字 読み だからである


しかし 英語圏 の 方々 は

GION を ローマ字 読み は せずに 英語 読み を する


日本人 と 英語圏 の 方々 とでは

読み方 が 異なる わけである 


英語 の 読み方 と 発音 には じつは

『 フォニックス 』 と いう 発音 の ルール が あり


「 g 」 の あと に 母音 の 「 i 」 「 e 」 が くると

それは 「 ギ 」 では なく 「 ジ 」 と 発音 する


なので たとえば 

「 ginger ale 」 これは ジンジャーエール と 読む


これが 基本 ルール なので ある

( 例外 give girl など )


だから 英語圏 の 方 は 英語的 に フツー に 読むと


「 祇園 GION 」 を 「 ジオン 」


と 発音 するのである


と いった感じ で 

英語 発音 ワンポイント レッスン でした


って これ 何 の 話っ!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-20 00:37 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(18)

京都の旅7 金閣寺編 #153

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート7 「 金閣寺 編 」 である


前回 の 記事 の 銀閣寺 の つぎ に

同じ 世界遺産 の 金閣寺 に 向かった


おれ的には 銀閣寺 が かなり 気に入った が

金閣寺 は やはり 多くの 観光客 で にぎわっていた


金閣寺 は 庭 に 咲く 紫色 の 菖蒲 (しょうぶ) が とても 美しかった

f0287177_21372131.jpg












( 15:27 )


せっかく 望遠デジカメ なので 

普段 ちかくで 観れない ところを 撮って みようかと


そこで 望遠 を 使って 屋根 の 上 の (ほうおう) 鳳凰 を パシャリ

f0287177_2133856.jpg












鳳凰 「 や、、、やった! つ、、、ついに、、、

      ついに おれ に スポットがっ、、、 」



と いう 声 が 聴こえてきそう である

f0287177_2135652.jpg













鳳凰 「 いつも は これ ↑ だからな、、、 」


金閣寺 は 小学生 の とき にも 来たが


今回 来てみて やはり ここ は ここ で 

京都 に とって 大切 な ところ なのだなと 感じた


銀閣寺 は かなり 衝撃的 だった わけ だが

こちらの 金閣寺 には 金閣寺 の よさが ある


とくに 屋根の上 の 鳳凰 がっ!


って そこ かよ!


それにしても 「 屋根の上 の 鳳凰 」 ってのは、、、


なんか あれ だな あれ

ジブリ みてーだな

( ↑ いやいや ぜんぜん ちがうからっ! )


と いった 感じ で


鳳凰 を、、、 いやいや 金閣寺 を でると 

すでに 15:30 を 過ぎていた


観光 で まわる 寺 は 17:30 くらい に 閉まる

意外 にも 結構 はやく 閉まって しまう のだ


じつは あと もう 1、2ヶ所 行きたい ところが あったので 

おれ は つぎ の 場所 「 龍安寺 」 へ 向かった


「 龍安寺 」 も おれ が 

どうしても 行っておきたい 場所 の 1つ であった


それは あちら の ブログ で 書こう ( たぶん )



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-18 23:59 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(6)

京都の旅6 銀閣寺編 #152

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート6 「 銀閣寺 編 」 である


銀閣寺 と言うと 歴史 の 資料集 で みたくらいで

子ども の ころ は まったく 興味 が なかった


「 ぜんぜん 銀 じゃねーし! 」


などと ツッコミ を 入れた のは おれ だけでは ないだろう


しかし!


じつは なんと! 今回 の この 旅 で

銀閣寺 が 一番 衝撃的 だった! 


では 写真 を 観てみよう

f0287177_2337627.jpg













門 を 通りぬける と 細長い 道 が つづく

f0287177_233887.jpg












この 道 の 奥 で 入場券 を 購入し

進んでいくと いよいよ 銀閣 の 登場 である


まず 目 に とびこんでくる のが 「 向月台 」( こうげつだい )

と いう すな を 固めた 山型 である

f0287177_23402770.jpg












これは 実際 観ると かなり の インパクト が ある


これが とても 美しい


この 時点 で あれ? 銀閣寺 って ちょっと すごくね?

と 感じ はじめた


この 向月台 は 何のために つくられたか はっきり とは

わかっては いない


一説 に よると この 上に すわって 月 を 待った とか

月の光 を 反射 させて いる とか 言われている のだが


この 上 に 座るってのは ちょっと びみょ~ だよな


そして 地面 には 「 銀沙灘 」( ぎんしゃだん )

と 言われる 砂 で 形どられた 波 模様 が 観える

f0287177_23571014.jpg













「 銀沙灘 」 の 右手 奥 には 「 向月台 」 が みえる

なんか ホント に 不思議 な 世界 である


この 景色 を 観て おれ は さらに かなり おどろいた のだが

なんか これは 和風 と いうよりも

宇宙的 未来的 な 感じ じゃね?

かなり 先 を 行っている 印象 を 受けた


そして その 奥 に 銀閣 が ある

f0287177_23555342.jpg












どうだろうか なんか 銀閣寺 すごい よな

そして この ↓ 庭

f0287177_0363015.jpg












写真 で 伝わる と いい の だが

これは とても 美しかった


なるほど 世界遺産 な わけだ と 感じた

f0287177_038384.jpg






















こんな 感じ


おれ は Final Fantasy ファイナル・ファンタジー 

っていう ゲーム が かなり すき なのだが


なんかね この 銀閣寺 の 庭 を 歩いていたら

そんな 異世界 を 歩いている ような 感覚 が あった


庭 全体 の 世界 や 空気 が ちがっていた

マジで 来て よかったな と 感じた


そして ああ 銀閣 ってのは つまり  なんだな と 判った


おれ は 銀閣寺 の 美しさ に マジ で 感動した わけ だが

これは 子ども の 頃 の おれ では 判らなかった と思う


この 年齢 に なって 銀閣寺 を 観た ので

感動 できたのだと 思う


まさか 自分 が 銀閣寺 の 庭 に 

これほどまでに 感動 するとは 思わなかった


ずっと 眺めていたい くらい の 庭 だった


日本人 として 観ておきたい 世界遺産 として 

銀閣寺 は かなり おすすめ である


そして おまけ の これ ↓ ( リクエストにおこたえして! )

f0287177_0504850.jpg












銀閣寺 入口 の 茶店 の 

抹茶 ミックス ソフトクリーム だが


ポイント は 抹茶粉 が かけてあるところ!

さすが 京都 なのだろうか



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-16 23:59 | 感動したこと | Trackback | Comments(18)

京都の旅5 清水寺編 #151

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート5 「 清水寺 編 」 である


せっかくなので 清水寺 の 写真 も アップ しておこう


実際 は 2日目 の 一番 最初 に 行った のが

ここ 清水寺 だった

f0287177_19583783.jpg













現在 清水寺 は 修復中 なので

修復 が おわった ところ は 色 が 鮮やか だった

f0287177_2024495.jpg



















清水寺 は 小学校 の 修学旅行 で きたので

とても なつかしかった


ここ を 通って 清水の舞台 へ 行く


小学生 の とき も ここ で こうやって

清水の舞台 の 手すり から 下 を 眺めたな と パシャリ

f0287177_2064250.jpg












そして 順路 を 移動 して

舞台 を 舞台 左手 から 眺める

f0287177_209793.jpg












やはり すごい よな この 景色

さすが 世界遺産 だけ あるよな!


小学生 だった 俺 は  


「 もっと じっくり 観たい なあ 」


と 思った と いうこと を 思い出した


しかし 修学旅行 では 時間 も なく

先生 に 引率 されていた ので

自由 に 観る こと が できなかった


しかし 今回 は ゆっくり 観る こと が できた


やはり 大人 に なってからの 旅 は 

自由 が あり イイ



清水の舞台 を 下から 観てみたかった ので

下まで 行って みた

f0287177_20214852.jpg













たしか 小学生 の 俺 は ここ ↑ を じっくり 観たいのに 

と 思ったので 今回 は しっかり 観てきた


実際 は そうでも なかった のだが

写真 で 観ると なんと 手すり が ない ように 観える

ちょっと 小さい が この ↑ 写真 でも 判るかな?


なので 観方 によっては 手すり も なに も ない ところ に 

平然 と 人 が 立っている ように も 観える! ひええ~


ちょっと スゴイ 感じ に 写っていた


そして ↓ これ

f0287177_20343233.jpg













京都っぽい かな? とか 思って 食べてみた

味 は フツー に 美味しかった が 


清水寺 を 眺めながら 食べると

なんか とても 雰囲気 イイ よな

ははは



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-15 23:59 | 感動したこと | Trackback | Comments(6)

京都の旅4 平安神宮ツッコミ編 #150

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート4 「 平安神宮 ツッコミ 編 」 である


昨日 の 記事 の 南禅寺 の まえ に

じつは 平安神宮 にも 行った のだが


平安神宮 は 記事 に 書かない つもりだったのだが

ちょっと 大切 な こと を 思い出した ので 書いておこう


バス で 清水寺 から 南禅寺 へ 向かう とちゅう

平安神宮 の 建物 が 窓 から 観えてきた


とても 美しい 朱色 の 建物 を みて

テンション が 上がってしまって バス を 降りてしまった


予定 には なかった が 寄っていく ことに した

こういうのも 気ままな 旅 には イイ ものだな


バス を 降りると 正面 に 「 応天門 」 が 観えてくる

f0287177_22582841.jpg












応天門 を くぐりぬける と かなり ひろ~い 境内

平安神宮 は じつに 壮観 だった!

f0287177_2253537.jpg













そして 朱色 の 建物 が とても 鮮やかである

f0287177_2254871.jpg






















で 


この 平安神宮 の 応天門 ってのは あれ だろ?

あの れい の 有名 な 話 の ところ だろ?


「 弘法 も 筆 の 誤り 」 


つー ことわざ にも なった あれ!


当時 の 応天門 の 額 の 字 は

f0287177_23162474.jpg













「 三筆 」 と 言われる ほど 

字が うまかった 空海 が 書いた わけだが


空海 が 書いた その 額 を 

実際 に 応天門 に かかげた あと の こと


よくよく みると 空海 は なんと!

応天門 と いう 字 を 間違えて しまっていた!


応天門 の 心 の 字 の 点 が 1つ 足らなかった のだ!


すると 空海 は 筆 に 墨 を つけ その 筆 を

応天門 に かかがられた 額 に 向かって 投げつけた


うおりゃあああっ!


すると 筆 は 見事 に 額 に 命中 して 

足らなかった 点 を 書き足した のだああ!


と いう あれ である!


しかし、、、 


これは どう 観ても、、、


筆が、、、


f0287177_23282799.jpg













届くんかいっ!


いや どうみても これは 届かない だろう


おれ は これ を 

どーしても ツッコミ たかった!



はっ! 


いや しかし、、、 


まてよ、、、


f0287177_23391540.jpg

















いやいや 何でもない!

ははは



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
 
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-14 23:57 | おもしろかったこと | Trackback | Comments(19)

京都の旅3 南禅寺編 #149

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート3 「 南禅寺 編 」 である


京都旅行 2日目 は 清水寺 平安神宮 そして

「 南禅寺 」 へ 行ってきた

f0287177_23512425.jpg












ここ の 大きな 三門 は

別名 「 天下龍門 」 と 呼ばれ

高さ 22m も ある 日本三大門 の 1つ とのこと


それが ↓ これ

f0287177_23515897.jpg






















この 三門 は かなり デカイ のだが


写真 で 

その 迫力 を なんとか 表現したい!


と 思った が これが なかなか むつかし かった

それを 試みた のが つぎ の 写真


これは ↓ 三門 から みた 景色

f0287177_2354387.jpg












そして 法堂 へと つづく 道

南禅寺 は とにかく 庭 が 美しかった

f0287177_23591757.jpg











あと この 南禅寺 には 


古代ローマ の 水道橋 を 模した デザイン の

南禅寺・水路閣 が ある これは 明治時代 に つくられた

f0287177_054933.jpg













しかし 今 も 現役 で 働いているっ!


f0287177_092061.jpg












南禅寺 は 写真 を 撮るには 

いろいろ と おもしろい 景色 が 多かった


おれ は 今まで 写真 って もの に

さほど 興味 が なかった のだが


自分 が 美しい と 感じた 景色 を パシャリ と 

フレーム に 収める ことは かなり たのしい!
 


こと だと 判った


これは 今年 に 入って からの

新しい 発見 だった


とくに この 京都 では 美しい 景色 が 多いので

これは なんだか ハマりそう である!


日本 には きっと まだまだ

美しい 景色 が たくさん あるんだろうな


日本 の 美しい ところ を 知ると 

やはり 日本 を より すき になる



この 視点 って 大切 だな と 感じた


人生 とか 生き方 とか 自分 の 在り方 ってのは


自分 の こころ の 在り方 しだい で 

いろいろ と 選択 が できる わけ だが


やはり あとから 振り返って みたとき に

あれで よかった と 思える ような


美しい こと を 表現 して 生きたい


とか 思ったりして! 

ははは



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
 
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-13 23:59 | 感動したこと | Trackback | Comments(6)

京都の旅2 ふわふわスイーツ編 #148

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


今回 は

京都の旅 パート2 「 京スイーツ 編 」 である


昨日 の 記事 で 祇園 の 八坂神社 

の こと を 書いた が


おれ は 八坂神社 へ 行く 前 に

じつは とある ところ へ 寄り道 を していた


これは ちょとした シンクロ から はじまる


本能寺 の あたり から 祇園 行き の

バス に 乗ろう と した とき の こと


バス の 座席 に 右側 左側 どちらに 座ろうかな?

と 考えた すると


「 な ん と な く 」 「 左側  」 


と 感じた ので

おれ は 進行方向 を 向いて 左側 の 席 に 座った


「 ほう これが 祇園 の 街 かあ 」


と なにげに 窓 から 眺めていると


「 はっ! あれ? 」


と なにか に 気がついた


それは 四条通 に ある 甘味処 の 文字 だった

「 祇園 小石 」 と 書かれていた


f0287177_23353750.jpg












f0287177_22442537.jpg











( 写真を撮らなかったので祇園小石HPより )


じつは この店 は 読者 の 方 から コメント で


「 ここ の かき氷 は ふわふわ で 美味しい 」


との 情報 が 寄せられていた 店 だったのだ

おおおっ! これは と おもい さっそく 行ってみた


「 ここは ふわふわ かき氷 の お店ですか? 」


と わけの わからん 質問 を しながら 店 に 入ると

どうやら そうらしい


そしたら なんと 幸運 な ことに


「 今日から ちょうど 夏季メニュー の かき氷 やってますよ! 」


とのことだった


京都の旅 を 「 なんとなく 」 一日 遅らせて よかった

昨日 来てたら かき氷 は まだ やってなかった わけである


で 二階 に 通され 席 に 着いた

そして もちろん かき氷 の メニュー を みた


あまり こういう お店 に 入った ことが なかったが

なんとも どれも 800円 くらい するので おどろいた


ちょっと たじろいだ が

あたまの なか で やつ が


「 昼ご飯 食べてない から イイじゃん 」


と 言って きた 


おれ は 昼前 から 夕方 まで 信長 の とこ に いたので

昼食 を なにも たべてなかった のだった


「 たしかに そうだな 昼飯 くってねーな 

  それに せっかく の 京都 だからな  」


と 思い もう この 流れ は 確実 に

この かき氷 を 食べてみなよ という 流れ なので


一番 食べたい と 思った の を 食べる ことにした


なんか 京都らしい の を 食べたいな と 思った

そこで 京都 の 宇治茶 を 使った 宇治金時 に した


それが ↓ これ

f0287177_22532966.jpg












なんか かなり 美味しいそう


おれ は あまり こういう 甘味処 に 入った こと が

ない ので あまり 知らなかった ので


この かき氷 を みて 「 れ? 」 と 思った


宇治金時 なのに 小豆 が 6粒 くらい しか 載ってない

ということは、、、


まさか、、、 この 6粒 の 小豆 が


あの 海原雄山 を うならす 

ほど の 幻 の 小豆 なのかっ!



とか 思った が ちがってたっ

正解 は ↓ こう


f0287177_2314898.jpg












中 に あんこ が 入っていた ははは


甘味処 の 宇治金時 って こういう もの なのか?


知らなかった おれ は おもしろいし 

この方 が 食べやすいし 上品 だな と 感じた


で 食べてみて


「 おおおっ! ふわふわ だっ! 」



ホント に ふわふわ だった


氷 に かかっている のは 宇治茶 の 抹茶粉 が

かなり 濃い目 に かかっている のだが

これ が かなり 美味しかった


その 濃い目 の 抹茶 と あんこ の 甘さ が

ちょうど イイ 感じ であった


そして そこに きめの細かい 氷 が くる

氷 の きめが細かい ので ふわふわ なのである


ホント に これは 京都っぽくて よかった


これは 食べてみて ホント に よかった と 思った

とても イイ 思い出 にも なった

とても ステキ な 情報 センキュな


あと やはり シンクロ の ひらめき どおり 

左側 の 席 に 座って よかった


もし 右側 の 席 に 座っていたら 店 を

まず 発見 できなかった はずである


お会計 を すませた あと に


「 ここ の かき氷 が 美味しい と

  友人 から 聴いて きた のですが

  本当 に とても おいしかった です 」


と お店 の 方 に お伝えした


そしたら 飴 の 他にも 菓子 まで くださった

その 飴 も 菓子 も とても 美味しかった


おれ は どちらかと 言うと 旅 だと 美しい 景色 や

建築物 とか アート的な もの が すき だったのだが


こういう 甘味処 へ 入る っていうのも とても 新鮮 で 

こういう のも イイ なあ と 感じた



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-12 23:59 | たべもの | Trackback | Comments(9)

京都の旅1 八坂編 #147

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


ただいまあ~! 帰ってきたぜっ!

いや~ 京都 たのしかったぜ!!



ほんと に いろいろ な こと が あった ので

こちら の ブログ にも 書いていこう


京都駅 に 着いて まず 向かった のは 

信長 の ところ だった 『 本能寺跡地 』 だった

これに 関して は あちらの ブログ で 詳しく 書こう


おれ は この 本能寺跡 に なんと 夕方 まで いたので

それ 以降 の こと を 書いていこう 


2015年5月9日(土) 夕刻 から の こと

京都の旅 パート1 「 八坂の塔 編 」 である


今回 京都 で 行ってみたい ところ の 1つ は

古都 の 町並み から 観る 「 八坂の塔 」 の 景色 だった


バス で 祇園 に つくと まず 「 八坂神社 」 が 

ど~~~ん と 観えた!


八坂の塔 は 法観寺 の 塔 で あり 

八坂神社 とは とくに 関係 は ない の だが 


f0287177_19532890.jpg













こんな ↑ の を 観てしまうと 

楽しくなって テンション が 上がってしまう!


なので この 八坂神社 の 門 を 通って 

「 石塀小路 」 (いしべこうじ) へ 向かった


f0287177_21132340.jpg













こんな ↑ かんじ の ところ を 入っていく


なんか 和風 迷路 みたい である

こういう 雰囲気 の ところ は すき だねえ


f0287177_21161910.jpg












( 18:28 )


で ここ を 通り抜ける と ↓ 「 ねねの道 」


f0287177_21245344.jpg












( 18:33 )


ここ も いい 雰囲気 だよな


で ここ から 「 二年坂 」 へ 行こうと 思った が

どうやら 道 を まちがえて 「 八坂通り 」 に でた


すると なにげに 左手 を みると

ど~~ん


f0287177_21351362.jpg


















( 18:42 )


おおおっ! これだっ!


おれ は この 景色 が 観たかったっ!


これが 「 八坂の塔 」 である

写真 の 下の方 には 人力車 が 写っている


なんか 本 など でも おなじみ の 景色

おれ は この 景色 を 実際 に 観て みたかった のだ


もう なんか うれしく なっちゃってしまった


しかし


おれ は 夕暮れ の 八坂の塔 を 

夕日 を 背景 に した 写真 も 撮りたかった


それには この 場所 から 塔 の 裏側 へ 回らなくては ならない


日 が どんどん 暮れてきた ので これは マズイ!

なんとしても 夕暮れ の 八坂の塔 の 写真 を 撮りたいっ!


おれ は 古都 の 坂道 を ブーツ で 小走り に いそいだ


つーか 坂道 が けっこう ブーツ の 小走り だと キツイ!


ブーツ なので かかと を 上げた 状態 で 小走り となる

そんな 走り方 など した ことなかった ので


普段 走るとき と ちがう きんにく を 使ったらしく


なんと!


小走り中 に きんにくつー に なったっ!


はしっている 最中 に きんにくつー に なるか フツー

しかも 今までなった ことの ない 箇所 が きんにくつー


とか 思いながら さき を いそいだ


そしたら ちょっと あし が つってきた

マジかよっ!


はっ! 一句 できたっ!


はしゃぎ すぎ~

古都 の 坂道 

あし が つる~



あほ なのか? おれ は? あほ なのか?


で なんとか がんばって 写真 を とる ポイント を 探した

そして みつけた 美しい 景色 の 場所


そこで パシャリ


f0287177_2222493.jpg













ど? なんか イイっしょ? この 景色

おれ は こんな 写真 を 撮りたかった イメージ どおりだ


もう 一枚 パシャリ


f0287177_2292062.jpg





















( 18:51 )


いや~ イイねえ 京都 ほんと ステキ だ 感動した

もう なんかね マジで うれしく なってしまった


カメラ も 持ってきて ほんと よかった


ああ おれ は これ が したかったのだな 


と 感じた


実際 に 行動 に 移して よかった


おれ は この 景色 を 観たい と 思っていた


やはり どんなことであっても 想い が 叶う って 

大切 な こと なのだな と 感じた


もう まんぞく で そろそろ 帰ろうか とか 思った

まだ 明日 あと 1日 ある というのに!

ははは


そして 実際 は このあとも この 旅 で

こころ を 揺さぶられる たくさん の 出来事 が あった


つづく


と 今回 は ここまで である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-11 22:48 | 感動したこと | Trackback | Comments(12)

ちょっと #146

うっす! みんな!


ちょっと 京都 行ってくる!


久しぶりの ツイッターかよ!



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]

  by aquarius-az | 2015-05-09 08:07 | Trackback | Comments(13)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE