講座ウラ話 #701

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ


ちょっと 2日 の 講座 の 

ウラ話 を 書いておこう


今回 の 講座 では

ホワイトボード に 板書 した


ところが この 板書 が

わりと むつかしい


最初 に 要綱 を 作って

それ を 書いていく のだが


A4 の コピー用紙 に

書いた 原稿 を そのまま

ホワイトボード に 書くと


思うように ボード内 に

収まらなかったり する


それを 一回 の 板書 で

どこまで ボード に 書くのか

配分 を 決める 


これは 実際 に ホワイトボード

を 使わないと 出来ない ので


本番前 に 近く の

会議室 を 借りて


実際 に ホワイトボード に

書いて 配分 を 決めた


なので 会議室 を 借りて

本番練習 を 8回 行った


第一部 の おれ の 授業

が 2時間半 だったので


会議室 を 5時間 借りて

一日 に 2回通り 練習 した


さすがに これは キツかった


誰も いない 会議室 で

ホワイトボード を 使い


5時間 ずっと


立ちっぱなし 話しっぱなし 

本番 同様 の 練習 である


しかも 誰も いない のに

ギャグ まで 練習 しておいた


1回目 の 練習 では


情報量 が 多いせいか 時間内 

に 授業 が 収まらなかった


主な 『 原因 』 は


板書 を 書く スピード が

遅かった から である


そこで 板書 の 内容 を

必要最小限 に ブラッシュアップ 


そして 書く スピード を 

少し 速く した


すると 当然 受講者 の 方々

が ノート に 書く スピード 

も 速く なって しまう


そこで その 負担 を 少し 

でも 減らす ため に


板書 に 書く 内容 を


おれ が 何度 も 口 に

出して しゃべりながら 


板書 する こと に した


こうすれば ホワイトボード を

見なくても ノート を 取れる


しかも 重要 な 言葉 を

何度 も 耳 にするから 


記憶 にも 残り やすくなる


あと ホワイトボード を 

消しながら 話す 練習 を した


そうすれば 時間 を

有効 に 使える


そんな 工夫 を いろいろ 

と 考え 練習 して いった


6回目 くらい で やっと


大丈夫 だと 自信 が

持てる 状態 に 辿り着いた


しかし ダメ 押し に


さらに 2回 本番練習 を

して おいた


ここまで しっかり 

準備 して おけば 


本番 で 緊張 せず 自信

を 持って 授業 が 出来る


ちなみに 要綱 の 方 は


ホワイトボード に 書いてみて

収まらなかった ところ の


レイアウト を 変えたり

言葉 を 変えたり して

何度 も 練り直して 


最終的 には ↓ 


f0287177_201027.jpg










試作 の 要綱 を コピー用紙

40枚 分 書いて 作った


内容 を 何度 も 見直し


手品 や 図 や 歌 を つかって

記憶 に 残り やすく したり


情報 を 伝える 順番 を

工夫 する ことでで


授業 が 先へ 行くほど 


どんどん 理解 が 深まる

ように 構成 して おいた


あと 一カ所 に 立って

授業 を 進めると 


死角 が 出来て ホワイトボード

が 見にくい 方 が 出てしまうので


文字 を 書いたら 一旦

ボード から 離れたり


ボード の 左右 に 動き ながら

解説 する 練習 も しておいた


そして 講座 を 通じて

板書 を 書き写す ことで


情報 を まとめる コツ が

つかめるように 板書 した


もちろん シンクロ が

起こりやすく なるような


行動 を 促す ような

授業 内容 に しておいた


こんな 感じで 講座 が 

作られていた わけ である


以上 うら話 である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
[PR]

  by aquarius-az | 2018-12-05 07:00 | 人生の展開を起こす | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://kdiary007.exblog.jp/tb/30201899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-12-05 08:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-12-05 19:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 北海道の小林 at 2018-12-06 04:53 x
Kさん
本当に分かりやすい授業でした。Kさんのおっしゃる通りで、歌が残っていて、あの授業から4日目ですが何かのたびに、「なぜ」が頭に浮かんできます!それに本当に、板書はホワイトボードを見なくてもノートにどんどん書くことができたし、板書していなくてもKさんが話していることをノートにメモすることもできました。とても有意義な、そしてあっという間の2時間半は、このようなKさんの努力の裏打ちがあったのですね!心華夏乱射しております。早速実践しています!今後の人生にも役立てていきますね!
Commented by 「 K 」 at 2018-12-08 15:27 x
Re:コメント返信

Re:めめむし
話し声と歌とでは発声法がちがうのでわりとそうなるぜ!
そう言っていただけるとマジでおれとしてもうれしいぜ!
ベイべ!

Re:マリエル
さいしょのうちはなかなかうまくはできないが回数こなす
と一回一回だんだん上手にできるようになっていくんだぜ!
ベイべ!

Re: 北海道の小林
おおおっ!あっという間2時間半ってのが正直嬉しいぜ!
やはりそこが耳にのこっていただけたかっ!センキュな!
ベイべ!

<< 執筆再開 #702 ビュッフェ #700 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE