人気ブログランキング |

タグ:感動 ( 4 ) タグの人気記事

 

『八月十五日に吹く風』 #405

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ


これは マジで ヤバ かった


昨日 は 休日 だったので

カフェ で 読書 を していた


読んでいた のは ↓ こちら


f0287177_22422245.jpg
八月十五日に吹く風 詳細 Amazon

松岡圭祐 著






『 八月十五日に吹く風 』


これは 戦時中 の 話 なのだが


実際 の 出来事 を もと に

書かれた 小説 である


もう これが スゴイ 作品 で


今まで 読んだ 本 の 

中 で 一番 感動 した



もの スゴク 深い 作品 だった


こちらの ブログ では おれ の

カフェ での 様子 を 書くが


本 の 内容 や 解説 に 関して は


あちら の ブログ で

詳しく 書こうかと 思う


ただ 一言 だけ 感想 を 書くと


『 どんな 状況 であっても 人として 

  正しいこと を 貫かん と アカン! 』



そう 強烈 に 感じた


もう まちがって カフェ で

読んで しまった のだが


あ~~ ヤベ~~ 

感動 で 涙 が とまらん!



と 思いつつ も 最後 まで

カフェ で 読み切って しまった


隅 の 方 の 席 だったので

人目 は さほど なかった のだが


カフェ だろうが 何だろうが これで

涙 流さずに おれるか このやろー



くらい の 気持ち だった


この 本 を 読み 終えた 後 


『 素晴らしい 本 と 出会った

  最高 に イイ 一日 だった 』



と 感じた


あと おれたち の 世代 は


世界 の 平和 の ため に

生きていく こと が 大切 だなと



近々 あちら の ブログ で

記事 を 書こう かと 思う



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_

  by aquarius-az | 2018-02-12 07:00 | 読書 | Trackback | Comments(4)

美術館! #337

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ


先日 の 日曜日 には

久しぶり に 美術館 へ 行ってきた


本当 は ロシア エルミタージュ展 に

行きたかった のだが 今 兵庫 だったので 遠い


そこで 選んだ のが ↓ こちら


f0287177_1555519.jpg















『 ターナー から モネ へ 展 』


この 展覧会 では 主に


19世紀 初期 ロマン主義 感じたことを自由に描く

19世紀 中期 リアリズム 写真の様に精密に描く

19世紀 中期以降 印象派 光や大気の印象を描く


などなど の 絵画 が 観られる


これが 予想以上 に よかった!


おれ は 印象派 も 写実主義 も

どちらも そろぞれ すき なのだが


やはり 強烈 に インパクト が あったのは

写実主義 の こちら ↓ の 作品

f0287177_1611210.jpg












ジェームズ・ティソ氏 『 別離 』


この 作品 は 圧倒的 だった!


とくに ここ を 観て いただきたい

f0287177_16141436.jpg




















銀食器 に 映り込んでいる 食器 や

テーブル に 反射してる 食器 や 光


「 す・・・すげー なあ・・・ 」


銀食器 を 描く のに 

銀色 の 絵の具 を 使うのではなく


白 グレー 黒 を 配色 することで

銀色 に 観えて 銀食器 が 描ける 



これ が マジ で すげー なと 


作品 サイズ は 68.6 × 91.4cm

この 絵 を 完成 させるのに

一体 どれだけの 時間 が かかったのか!


なんか おれ は こういう 作品 に

ものすごく 惹かれる


結構 遠かった ので 入館時間 も

ちょっと 遅め に なってしまったが


最後 は ほぼ 貸切状態 に なり

とても ゆっくり 作品 鑑賞 が 出来た


他にも たくさん 素晴らしい 作品 があり


これは マジで 行って よかった!


やはり 美術館 は いろいろ と

刺激 にもなり とても すき である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_

  by aquarius-az | 2017-10-10 16:54 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

松本零士展 Part02 #335

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ


今回 は 松本零士展 part2


part1 は ↓ こちら 

たのしい日曜日には! #334


美術館 や 原画展 に 行くと

楽しい のが 物販 コーナー


おれ は ここ で

ポストカード や クリアファイル を

探す のが すき である


その前 に 今回 の チケット と

入場記念 の ポストカード が ↓ こちら


f0287177_23431817.jpg









これだけでも 記念 になる


他には パンフレット と ポストカード

クリアファイル を 購入 した


ちょっと 不思議 だったのが

通常 物販 の クリアファイル は


1つ 400~500円 くらい するのだが

なぜか A4 で 150円 と 格安 だった!


それ が ↓ こちら


f0287177_2347673.jpg










前2列 が ポストカード で

後ろ2列 が クリアファイル と パンフレット


展示会 が かなり 刺激 になり 感動 したので

少し 多め に 購入 している


会場 の 動画解説 の 中で 松本氏 は


「 絵 は 自分 の 目 や 体験 を

  通して 描く こと が 大切 で

  絵 には 自分 の 心 が 現われる 」


「 私 は イイ 絵 を 描く 為に  

  アマゾン川 でも 泳いでいるし 

  いつか 絶対に 自分 の 目 で

  宇宙 から 地球 を 観てみたい 」


と 語っていた


やはり 音楽 にしても 執筆 にしても

モノ作り というものは

そういう ものだな と 感じた


そして やはり 結局 は 真 の ある

男 としての 生き様 

が 大切 なのだと 感じた


で 気に入っている のは ↓ こちら


f0287177_23542981.jpg









『 アルカディア号 』 


なんか どこか で 聴いた 名前 だな


松本零士氏 が 言うには

どくろ は 人 を おどかす のではなく


ほね に なっても たたかうぞ!


つまり ほね になって も

自分 の 信念 や 使命 を 貫くぞ!


という 決意 との こと


じつは おれ も かつて たまたま

そんな ような 意味 を 込めて 


そんな 指輪 を していた


今回 の 『 松本零士展 』


そーとー 学ぶべき こと が 多く

本当 に 行って よかった



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_

  by aquarius-az | 2017-10-04 07:22 | 芸術・アート | Trackback | Comments(4)

クリスマス・イヴの夜 #244

うっす! みんな げんき?

俺 も 元気 だぜ!


クリスマス は いかが だったかな


今年 の おれ の クリスマス・イヴ は

マックカフェ で 執筆 してたぜ!


クリスマス・イヴ は さすがに

ゆったり 過ごそうか と 思った が


執筆 を 進めたかった ので


ちょっと 遠目 の マックカフェ まで

クルマ で 行って そこで 執筆 していた





たまには 甘い もの を と 思い

ふと みると こちら ↓


f0287177_127930.jpg









ザッハトルテ が あった ので 食べてみた


おれ は デメル の ザッハトルテ が すき だったが


マックカフェ の ザッハトルテ は どうかなと


ちょっと つかれ も たまって いた ので

ドリンク は


何でも よい ので ホット で 

何か 甘目 の もの ありますか?


と 店員さん に 尋ねると

キャラメルラテ って のが 出てきた


しかし


ザッハトルテ も かなり 甘く

キャラメルラテ も 結構 甘かった ので


これは 図らずも 


クリスマス・イヴ に そーとー

かなり 甘い夜 に なって しまった!


ザッハトルテ の とき は

無糖 の 紅茶 の 方 が イイ わけだ


美味しかった わけ だが

口 の 中 が 甘く なって しまった ので


やはり ドリンク は 無糖 の 紅茶 が イイ と 思う


で サンタ は 来ましたか?

と ご質問 を いただだいた わけ だが


あちら の ブログ の 方 に 23日 の 夜 に


なんと! 先日 出版 した 


台湾 の 読者 の 方 から

コメント を いただけた!



これは ホント 感動 してしまった!


これは マジ で うれしかった

おれ に とって 素晴らしい プレゼント と なった!


やはり 前向き に がんばると

いい こと が ある のだなと


そういった こと も あって 執筆 に

気合 が 入って いる おれ であった


こういう クリスマス・イヴ も

なかなか イイ もの だな 

と 思った



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_

  by aquarius-az | 2016-12-26 13:11 | 感動したこと | Trackback | Comments(5)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE